Column コラム

Column

HOME//コラム//【韓国語一覧】韓国語の日常会話でよく使うフレーズ41選[音声付き]

コラム

【韓国語一覧】韓国語の日常会話でよく使うフレーズ41選[音声付き]

投稿日:2023年10月21日 | 最終更新日:2024年5月23日

韓国へ行って現地の人に会った時、韓国語であいさつをして、韓国語で自己紹介ができれば、好印象間違いありません。人間関係は第一印象が大切です。更に、フレーズで言いたいことをいくつか言えたら、現地の人たちと良好な信頼関係を築くことができるはずです。
あいさつ表現や日常会話でよく使うフレーズは、ドラマを見ていてもたくさん出てきますから、覚えていれば聞き取れて、ますますドラマを見るのが楽しくなります。
ここでは『あいさつ』『返事』『自己紹介』『日常会話でよく使うフレーズ』に分けてまとめました。音声もついていますし、発音のコツもリンクしていますので、きれいな発音をマスターして、ぜひ韓国で使ってみてください。

目次 ▼

1 挨拶編

挨拶表現は覚えればそのまま使えます。韓国へ行かれるなら、ぜひマスターしてください。

こんにちは
 アンニョンハセヨ(안녕하세요)

「おはようございます」も「こんばんは」も「アンニョンハセヨ」です。その日はじめて会ったら「アンニョンハセヨ」と元気にあいさつしましょう。
友達同士なら語尾の丁寧の部分を取って
アンニョン(안녕)

と言います。明るく元気に「アンニョン!」です。
もっと詳しく

さようなら
 アンニョンイカセヨ(안녕히 가세요)

その場を去る人への「さようなら」です。その場に留まる人には
アンニョンイケセヨ(안녕히 계세요)

と言います。韓国では、その場を去るのか、その場に留まるのかで挨拶表現が違います。注意が必要です。
友達同士なら簡単に
じゃーね
アンニョン(안녕)

と言ったり
チャルガ(잘 가)

と言ったりします。
「アンニョン」は会った時の挨拶表現と同じです。そこから去る人にも、そこに留まる人にも使えます。「チャルガ」の「チャル」は「よく」、「ガ」は「行く」なので、直訳すると「よく行って」ですが、「じゃーね」くらいのニュアンスです。「チャルガ」はそこから去る人に対してのみ使えます。お互いがその場から立ち去る時には、お互い「チャルガ」と言います。
もっと詳しく

ありがとうございます
 カムサハムニダ(감사합니다)

「カムサ(감사)」が「感謝」という漢字の言葉、「ハムニダ(합니다)」が「します」なので「感謝します」という意味です。丁寧な表現ですが、固いニュアンスです。日本と同じで、韓国でも漢字語は固いニュアンスがあります。
近い関係の人なら
コマプスムニダ(고맙습니다)

と言いますが、韓国語初歩者には発音が難しいので「カムサハムニダ」が無難かもしれません。
友達同士なら丁寧の語尾をとって
ありがとう
コマウォ(고마워)

これは発音簡単です。日本語発音の「コマウォ」で通じます。
もっと詳しく

いただきます
 チャル モッケッスムニダ(잘 먹겠습니다)

ごちそうさまでした
チャル モゴッスムニダ(잘 먹었습니다)

このふたつはよく似ていて区別がしにくいですよね。
言葉を分解してひとつひとつ見ると「チャル(잘)」が「よく」、「モクタ(먹다)」が「食べる」、「ケッ(겠)」が『意志』、「オッ(었)」が『過去』、「スムニダ(습니다)」が『丁寧の語尾』です。ふたつの違いは「ケッ」が『意志』なので「これから食べる」、「オッ」が『過去』なので「もう食べた」という違いがあります。韓国語を勉強するとちゃんと意味がわかるようになりますが、はじめは丸覚えするしかありません。
また、友達同士なら
いただくね/食べるね
チャル モグルケ(잘 먹을게)

と言ったり、何も言わなかったりです。
「チャル モグルケ」は直訳すると「よく食べるよ」です。
もっと詳しく

行って来ます
 タニョオゲッスムニダ(다녀오겠습니다)

ただいま
タニョワッスムニダ(다녀왔습니다)

「タニョオダ(다녀오다)」が「通う/行って来る」という意味で、ここに『意志』の「ケッ(겠)」がついて「行って来ます」、『過去』の「アッ(았)」がついて「ただいま」です。『過去』は動詞の母音によって「アッ/オッ(았/었)」形が変わります。そして「スムニダ(습니다)」が『丁寧の語尾』です。
友達同士なら
行って来るね
タニョオルケ(다녀올게)

もっと詳しく

おやすみなさい
 アンニョンイチュムセヨ(안녕히 주무세요)

日本では、夜、それぞれの家に帰る時に「おやすみなさい」と言いますが、韓国ではこれから本当に寝る人に使います。
友達同士なら
おやすみ
チャルジャ(잘 자)

「チャル(잘)」が「よく」、「ジャ(자)」が「寝る」なので、直訳すると「よく寝て」になります。
もっと詳しく

すみません
 チェソンハムニダ(죄송합니다)

友達同士では
ごめん
ミアネ(미안해)

あるいは
ミアン(미안)

と言います。

「チェソンハムニダ」は謝罪の時の表現です。
食堂などで店員さんを呼ぶ時の「すみません」は「チョギヨ」とか「ヨギヨ」と言います。
すみません〔呼びかけ〕
チョギヨ(저기요)

日本語で、少しためらいながら話し始める時「あの~」と言いますが、韓国語では「チョギヨ/チョギ」と言います。ですので、直訳すると「あの~」になります。
「チョギヨ」がお店の人を呼ぶ時に一番よく使われる言い方です。
ヨギヨ(여기요)

「ヨギヨ」は「ここです」という意味です。
お店で店員さんを呼ぶ時の言い方

また『簡単にお礼を言う』時、例えば、うっかり落とした物を拾ってくれた人に「あっ、すみません」とお礼を言う時は「ありがとうございます」という意味の「カムサハムニダ」です。
「すみません」をもっと詳しく

お久しぶりです
 オレンマニムニダ(오랜만입니다)

日常会話の丁寧形では
オレンマニエヨ(오랜만이에요)

という言い方もあります。
友達同士なら
久しぶり
オレンマニダ(오랜만이다)

オレンマニヤ(오랜만이야)

と言います。
もっと詳しく

2 返事編

はい
 ネー(네)

「ネー」とはっきり伸ばすわけではありませんが、「ネ」よりは「ネー」に近い発音です。
もっと詳しく

いいえ
 アニョ(아뇨)

あるいは
アニヨ(아니요)

教科書には「アニョ」と出ていますが、文法的には「アニヨ」が本来の「いいえ」で、「アニョ」は「アニヨ」の縮約形です。「ヨ」は日本語の「です・ます」に相当します。
「アニヨ」も「アニョ」も、どちらも同じように使われています。
もっと詳しく

そうです/その通りです
 マジャヨ(맞아요)

相手の話にうなずく時の「そうです」、うなずく時には「合う/合っている」という意味の「マッタ(맞다)」を使います。直訳すると「合ってます」ですが「そうです/その通りです」という意味です。
友達と話す時には日本語の「です/ます」に当たる「ヨ(요)」を取って
そうそう/その通り
マジャ(맞아)

「マジャ」「マジャヨ」は韓国人がよく使うフレーズです。覚えておくときっと役立つはずです。

いいえ違います
 アニエヨ(아니에요)

「いいえ」の意味でも使いますが「いいえ違います」の意味でも使います。

また、女性に多いのですが、「いいえ違います」と言う時、両手を少し上げて軽く振ります。両手でバイバイをする感じです。韓国人独特のジェスチャーです。

〔画像出典:MHNsports〕
韓国ではタレントがファンに挨拶する時も両手振りをします。男性タレントも両手振りが多く、万歳するくらい大きく手を振る男性タレントもたくさんいます。
韓国で「いいえ違います」と言う時には「アニエヨ」と言いながら両手バイバイをしてみましょう。

わかりました
 アルゲッソヨ(알겠어요)
 アラッソヨ(알았어요)

アルゲッソヨ(알겠어요)

これから行動することに対して「わかりました。そうします」の時です。
それ以外の時は
アラッソヨ(알았어요)

友達と話す時は「ヨ」が日本語の「です/ます」に当たりますから「ヨ」を取って、
わかった
アルゲッソ(알겠어)

アラッソ(알았어)

となります。
「わかる」にはいろいろな意味があり、日本語と韓国語で使い方が少し違います。
もっと詳しく

もう一度話してください
 タシハンボンマレジュセヨ(다시 한번 말해주세요)

「タシハンボン(다시 한번)」が「また一度」、「マレジュセヨ(말해주세요)」が「話してください」です。これはきっとよく使うと思いますので、必ず覚えておきましょう。必須表現のひとつですね。

韓国語教室無料体験レッスン

3 自己紹介編

自己紹介の基本は
「はじめまして」
「私は〔名前〕と申します」
「〔住んでる所〕から来ました」
「職業は~です」
「趣味は~です」
「年齢は〇歳です」
「どうぞよろしくお願いします」
この7つです。この7文をすらすら言えるようにしましょう。

はじめまして
 チョウムペプケッスムニダ(처음 뵙겠습니다)

直訳すると「チョウム」が「はじめて」、「ペプケッスムニダ」が「お目にかかります(謙譲語)」、「はじめてお目にかかります」で「はじめまして」という挨拶表現になります。これは決まった表現なのでこのまま覚えましょう。
もっと詳しく

私は〔名前〕と言います
 チョヌン ~ラゴハムニダ(저는 ~ 라고합니다)

「チョ」が「わたしく(謙譲語)」
「ヌン」が「は」
「ラゴ」が「と」
「ハムニダ」が「します/言います」
ここでは「言います」の意味です。
「~」に自分の名前を入れますが、名前の最後が「ん」の時は「イラゴハムニダ」となります。そして、その時、名前の最後の「ん(n)」と「イ(i)」がくっついて「ニ(ni)」となるので、名前が「じゅん」の場合は「じゅにラゴハムニダ」となります。
もっと詳しく

〔住んでいる所〕から来ました
 ~エソワッスムニダ(~에서 왔습니다)

「(場所)から」が「エソ」
「来ました」が「ワッスムニダ」です。
「来ました」は、日常会話では「ワッソヨ」と言いますが、ここでは初対面なのでよりフォーマルな「ワッスムニダ」が適切です。同じ文体でそろえましょう。
「東京から来ました」なら「とうきょうエソワッスムニダ」となります。
もっと詳しく

職業は~です
 チゴブン ~ イムニダ(직업은 ~입니다)

職業が「会社員」なら
職業は会社員です
チゴブン フェサウォニムニダ(직업은 회사원입니다)

「職業」は「チゴプ(직업)」、「職業は」は「チゴブン(직업은)」、そして「自分の職業+イムニダ」と続けます。「会社員」は「フェサウォン(회사원)」です。
発音は「フェーサウォン」の「ン(n)」と「イムニダ」の「イ(i)」が合わさって「ニ(ni)」になるため「フェーサウォニムニダ(회사원입니다)」となりますが、くっつけなくても通じます。
もっと詳しく

趣味は~です
 チィミヌン ~イムニダ(취미는 ~입니다)

趣味が旅行なら
趣味は旅行です
チィミヌン ヨヘンイムニダ(취미는 여행입니다)

「趣味」は「チィミ」ですので、「趣味は」は「チィミヌン」、「自分の趣味+イムニダ」です。
旅行は「ヨヘン(여행)」です。
もっと詳しく

年齢は○歳です
 ナイヌン~セイムニダ(나이는 ~세입니다)

~に数字を入れます。
数字には、日本と同じで「1、2、3・・」の「漢数詞」と、「ひとつ、ふたつ、みっつ・・」の「固有数詞」があります。日本では年齢を数える時には、漢数詞を使いますが、韓国では通常固有数詞を使います。しかし、固有数詞を言えるようにするのは韓国語初歩者にはハードルが高いです。韓国では、年齢を漢数詞で言う言い方もありますし、それで通じるので、ここでは漢数詞で数える言い方で練習しましょう。

1、2、3、4、5、6、7、8、9、10
イル、イー、サム、サー、オー、ユッ、チル、パル、クー、シプ(일이삼사오육칠팔구십)

元が漢字の言葉(単語)なので、発音は日本語と似ていますよね。
11は、日本語と同じで「10」「1」とつなげます。11は「シプ、イル」です。ここで「プとイ」が合わさって「ビ」となります。「連音化」と言いますが、この連音化は韓国語をしっかり学習しないと難しいので、発音はひとつひとつで大丈夫です。連音化しなくても通じます。ですので、25歳なら「イー、シプ、オーセ」これで大丈夫です。
数字の読み方をもっと詳しく

どうぞよろしくお願いします
 チャルブタッカムニダ(잘 부탁합니다)

「チャル」が「よく」
「ブタッカムニダ」が「付託します」
「よく付託します」で「よろしくお願いします」となります。これは決まった言い方です。そのまま覚えましょう。自己紹介の決め文句です。しっかりと、いい発音で「決めて」ください。
もっと詳しく

4 友達になる時に使える便利なフレーズ編

お名前は何ですか
 ソンアミオットケトゥェセヨ(성함이 어떻게 되세요?)

丁寧に名前を聞く場合です。「お名前」が「ソンアム(성함)」敬語です。韓国では「お名前が何ですか」と助詞は「が」になります。「が」が「イ(이)」、そして「ソンアム」の「ム」と「イ」がくっついて「ミ」になります。
韓国では目上の人には「何ですか」とは聞きません。日本語と同じ感覚で、遠回しに聞きます。韓国では「どうおなりになりますか」「オットケトゥェセヨ(어떻게 되세요?)」と敬語を使います。

既に打ち解けて近い関係なら、
「名前は何ですか」
イルミムォエヨ(이름이 뭐예요?)

と聞くこともできます。
「名前」が「イルム」、「が」が「イ(이)」、そして「イルム」の「ム」と「イ」がくっついて「ミ」になり、「何ですか」が「ムォエヨ(뭐예요?)」です。
「イルミムォエヨ」も丁寧形ですが、名前を聞く時は、より丁寧に「ソンアミオットケトゥェセヨ」と聞いたほうが好印象です。

良かったらカカオトークを交換しませんか
 カトクIDチョムアルリョジュセヨ(카톡ID 좀 알려주세요)

直訳すると「カトクのIDをちょっと教えてください」になります。
友人との連絡に、日本人はラインを使いますが、韓国人はカカオトークを使います。ですので韓国で韓国人と仲良くなろうと思ったらカカオトークは必須です。縮めて「カトク」と言います。「教えてください」は「知らせてください」という意味の「アルリョジュセヨ」、「チョム」は「少し」という意味で、ここでは表現をやわらげるために入れています。日本語でも「ちょっとわかりません」と「ちょっと」を入れて表現をやわらげることがありますが、それと同じです。
日本人がよく使うフレーズ「よかったらラインを交換しませんか」を直訳しても韓国人に通じません。「交換」は「取り換えっこ」の意味です。

もっと近い友達レベルの関係なら「友達追加しよう」と言います。
「(私たち)友達追加しよう」
ウリチンチュハジャ(우리친추하자)

「友達追加」は「チングチュガ(친구추가)」ですが、若者たちは縮めて「「チンチュ(친추)」と言います。「私たち」が「ウリ(우리)」、「しよう」が「ハジャ(하자)」です。
韓国では「チンチュハジャ」が一番よく使う表現です。

友達になるにしても、はじめは少し品格を保ちたい場合は
「連絡先を教えてください」
ヨルラクチョチョムアルリョジュセヨ(연락처 좀 알려주세요)

直訳すると「連絡先をちょっと教えてください」となります。
「連絡先」は「ヨルラクチョ」です。
韓国では「連絡先を教えてください」と言うのが一般的です。「連絡先」と言っても、ビジネス関係でなければは通常はカカオトークになります。

4 友達との日常会話で使える便利なフレーズ編

覚えておくと便利なフレーズです。韓国へ行っても使えますし、ドラマを見た時にもたくさん出てくるので、覚えておけば聞き取れるはずです。

大丈夫?
 クェンチャナ?(괜찮아)

日本語の「大丈夫」とほぼ同じ使い方ができます。「大丈夫だよ」と肯定でも使えますし、「辛くても大丈夫?」という「大丈夫?」にも使えます。丁寧形は「ヨ(요)」をつけて
大丈夫です
クェンチャナヨ(괜찮아요)

韓国人がよく使う表現ですから、ぜひ覚えて使ってください。
発音は「ケンチャナヨ」「ケンチャナ」でも大丈夫です。
もっと詳しく

元気だった?
 チャルチネッソ?(잘 지냈어?)

何日かぶりに会った時に使います。
「チャル(잘)」が「よく」、「チネダ(지내다)」が「過ごす」、「チネッソ(지냈어)」は過去で「過ごした」になるので、直訳すると「よく過ごした」ですが、自然な日本語表現にすると「元気だった」となります。
丁寧形は「ヨ(요)」をつけて
お元気でしたか
チャルチネッソヨ?(잘 지냈어요?)

もっと詳しく

 

関連記事:韓国語の過去形はこれで完璧!プロのコツを解説![音声付き]

もちろんだよ
 ムルロニジ(물론이지)

「ムルロン(물론)」が「勿論」という漢字の言葉で、「イ」が「だ」、「ジ」が「だろ」なので、直訳すると「もちろんだろ」ですが、自然な日本語で「もちろんだよ」となります。日本語で「もちろん」と言いたい時に、そのまま使えます。丁寧形は「ヨ(요)」をつけて
もちろんです
ムルロニジョ(물론이죠)

「ジ」と「ヨ」がくっついて「ジョ」になっています。

何してるの
 ムォへ(뭐 해?)

「ムォ(뭐)」が「何」、「ヘ(해)」が「する/している」なので、「何してる」となります。自然な日本語表現にすると「何してるの」です。
「ムォへ」を日本語に直訳すると「何する?」となります。日本語の「何する?」は「これから何する?」という意味で『未来』を表現しています。しかし韓国語では「ヘ(해)」という現在形が現在の動作を表現します。動詞の時制が日本語と韓国語と違うので直訳ができません。
「今何してるの?」なら「今」が「チグム(지금)」なので
今何してるの?
チグムムォヘ?(지금 뭐 해?)

丁寧形は「ヨ(요)」をつけて
今何しているんですか
ムォへヨ(뭐 해요?)

発音は「ムォへ」が正しい発音ですが会話では「モヘ」で大丈夫です。

本当?
 チンチャ?(진짜)

日本語で「本当?」「本当!」という時に、日本語と同じように「チンチャ」と使えます。発音も簡単なのでぜひ使ってください。
また「チンチャ」は「本当に~」という意味でも使うことができます。例えば「本当においしい」なら「おいしい」が「マシッタ(맛있다)」なので
本当においしい
チンチャマシッタ(진짜 맛있다)

と言います。
もっと詳しく

愛してる
 サランへ(사랑해)

「サラン(사랑)」が「愛」、「へ(해)」が「する/している」なので、「愛してる」となります。
日本語の「愛してる」よりもっと広い意味で使います。愛おしく大切な存在に対して使うので、K-POPのアイドルがコンサートで観衆に使ったりもします。
丁寧形は「ヨ(요)」をつけて
愛しています
サランへヨ(사랑해요)

使う機会があったらぜひ使ってください。好きなアイドルに叫ぶのが一番手っ取り早いかもしれません。
もっと詳しく

会いたかった
 ポゴシッポッソ(보고 싶었어)

「ポダ(보다)」は本来「見る」の意味ですが、近い関係の人に「会う」という意味があります。
「コ シプタ(고 싶다)」が「~たい」、「ッソ(었어)」が過去形なので、「会いたかった」になります。
本来は近い関係の人に使う言葉ですが、アイドルのファンミーティングでは、ファンみんなが「ポゴシッポッソ」と言ってます。
丁寧形は「ヨ(요)」をつけて
会いたかったです
ポゴシッポッソヨ(보고 싶었어요)

もっと詳しく

なんでなの
 ウェグレ(왜 그래?)

「ウェ(왜)」が「なぜ/どうして」、「グレ(그래)」が「そう」なので、「どうしてそう?」「どうしてそうなの?」となりますが、自然な日本語だと「なんでなの?」の感じです。「ウェ(왜)」だけでも使いますが「ウェグレ(왜 그래)」の形でよく使います。
丁寧形は「ヨ(요)」をつけて
どうしてなんですか
ウェグレヨ(왜 그래요?)

もっと詳しく

お腹空いた
 ペゴッパ(배 고파)

「ペ(배)」が「お腹」、「ゴッパ(고파)」が「空いた状態」です。日本語の「空く」は動詞ですが、韓国語の「コップダ(고프다)」は形容詞です。形容詞は現在形が現在の状態なので「ゴッパ(고파)」という現在形で「空いた状態」になります。
丁寧形は「ヨ(요)」をつけて
お腹空きました
ペゴッパヨ(배 고파요)

お腹がすいたら「ペゴッパヨ」と言ってみてください。
もっと詳しく

どういうこと?
 ムスンマリヤ?(무슨 말이야?)

「ムスン(무슨)」が「何の」、「マル(말)」が「言葉」、「イヤ(이야)」は名詞の語尾につくぞんざいな形です。「何の言葉だ?」で「どういうこと?」という意味になります。
丁寧形は「ヨ(요)」をつけて
「ヨ(요)」をつけて
どういうことですか
ムスンマリエヨ?(무슨 말이에요?)

「マル(말)」が名詞なので、動詞や形容詞の時と語尾の形が違います。

何だっけ?
 ムォヨッチ?(뭐 였지?)

「ムォ(뭐)」が「何」、「ヨッ(였)」が過去形で、「チ?(지)」が自問なので「何だっけ?」となります。自問の時の「何だっけ」です。

何かあったの?
 ムスンニリイッソッソ?(무슨 일이 있었어?)

ムスン(무슨)が「何の」、「イル(일)」が「こと」、「イ(이)」が助詞の「が」、「イッソッソ?(있었어)」が「あった」なで「何のことがあった?」で「何かあったの?」となります。つなげると発音が合わさります。
丁寧形は「ヨ(요)」をつけて
何かあったんですか
ムスンニリイッソッソヨ?(무슨 일이 있었어요?)

私が言いたいことはそれ
 ネマリ(내말이)

ネマリは、ネマリクマリダ(내말이 그말이다)の縮約形です。若者たちはなんでも短くします。「ネ(내)」が「私」、「マリ(말이)」が「言葉が」、「ク( 그)」が「その」、「ダ(다)」は終止形の語尾なので、直訳すると「私の言葉がその言葉だ」となります。これは、誰かが言ったことを受けて「私が言いたいことはそれ」という意味で、「それこそがまさに私の言いたいこと」というニュアンスです。

4 まとめ

自己紹介も、あいさつも、日常会話のフレーズも、音声で聞くと、カタカナ表記とはだいぶ違って聞こえたものがあったと思います。カタカナ表記には限界があるためです。
しかし、音声で聞こえた通りに発音したとしても、それで韓国人に通じるかどうかはわかりません。日本人には同じに聞こえても、韓国人が区別をしている音があるからです。
例えば、日本語の「か」と「が」、韓国人には同じに聞こえます。それは、韓国語には「清音」と「濁音」の区別がないからです。同様に、韓国人は区別をしているけど、日本人には同じに聞こえる音があります。
ですので、興味のあるフレーズは「もっと詳しく」で詳しく解説していますので、ぜひコツを習得してください。
フレーズを正しい音声で覚えておけば、韓国へ行った時にも通じますし、ドラマを見ても、そのフレーズは聞き取れるはずです。
音声を聞きながら、ぜひ身に付けてください。

韓国語教室無料体験レッスン

5 最短で日常会話を身に付けるなら「ハングルちゃん」がおすすめ!

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
ハングルちゃんは
① リーズナブルな料金システム
② 講師は全員韓国生まれ韓国育ちの優しい韓国人
③「話せるように」を目標とした会話中心のレッスン
④ 防音設備の整った清潔な教室
体験レッスン無料です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。