Column コラム

Column

HOME//コラム//韓国語で「いただきます」「ごちそうさまでした」使い方徹底解説![音声付き]

韓国語の「あいさつ言葉」

韓国語で「いただきます」「ごちそうさまでした」使い方徹底解説![音声付き]

投稿日:2023年2月8日 | 最終更新日:2023年12月19日

韓国語でも「いただきます」「ごちそうさまでした」は決まった挨拶表現があります。しかし、日本と違って自宅ではほとんど使いません。韓国では礼儀が必要な改まった場面で使います。挨拶の習慣が少し違います。ここでは、そんな文化の違いもご紹介します。
そして、せっかくなら韓国人に通じる発音で「いただきます」「ごちそうさまでした」と言いたいですよね。ここで発音のコツも伝授いたします。

目次 ▼

1「いただきます」は「チャル モッケッスムニダ(잘 먹겠습니다)」


直訳すると「よくいただきます」、これが正式な挨拶表現です。
「チャル(잘)」が「よく」、そして「食べる」という意味の単語「モクタ(먹다)」が活用します。語尾の「タ(다)」を取って、「ケッ(겠)」が目上の人に対する意志・謙譲、「スムニダ(습니다)」が丁寧の意味、日本語の「です・ます」に当たります。

日常のくだけた丁寧形は「チャルモグルケヨ(잘 먹을게요)」

近い関係の人に使います。そこまで改まったあいさつではなく「いただきますね」「いただくね」くらいの表現です。
「チャル」が「よく」、「ルケヨ(을게요)」で意志を表します。「よく食べますね」くらいの感じです。

韓国語の丁寧形には「~ニダ」で終わるフォーマルな丁寧形と、「~ヨ」で終わる日常会話の丁寧形があります。それぞれ「ニダ体」「ヨ体」と言います。日本では「ハムニダ体」「へヨ体」と言うこともあります。

韓国語の丁寧形の詳細についてはこちらを参照してください。
韓国語の2つタイプの丁寧形について

『パンマル(タメ口)』は「チャルモグルケ(잘 먹을게)」

丁寧の「ヨ(요)」を取った形です。友達や目下に使います。直訳すると「よく食べるね」となります。

ご飯を提供する側は

「マシッケトゥセヨ(맛있게 드세요)」

直訳すると「おいしく召し上がってください」です。

「マーニトゥセヨ(많이 드세요)」

意味は「たくさん召し上がってください」です。

「マーニモゴ(많이 먹어)」

意味は「たくさん食べて」です。「マーニ」が「たくさん」の意味です。発音は「マニ」と「マーニ」の間くらいですが、日本語でも「たーくさん」と、伸ばして強調するように「マーニ」ということが多いです。
韓国では「たくさん」出すのがおもてなしです。これは食べられない時代が長かったこともあります。また「食べる物」には「思いやり」の気持ちが入っています。もてなされた物をたくさんいただくのは「思いやりの気持ち」をいただくことです。
韓国人はそんな「気持ちのやり取り」を大事にします。

2「ごちそうさまでした」は「チャルモゴッスムニダ(잘 먹었습니다)」


「オッ(었)」が過去、「スムニダ(습니다)」が「です・ます」です。
「ごちそうさまでした」の正式な挨拶表現です。
「いただきます」の「チャルモッケッスムニダ」と似ているので間違いやすいです。文法的には「ケッ(겠)」が目上の人に対する意志・謙譲、「オッ(었)」が過去、そこで区別をしますが、韓国語がよくわからない人は頑張って丸覚えするしかありません。

日常のくだけた丁寧形は「チャルモゴツソヨ(잘 먹었어요)」

「よく食べました」という意味です。
「ヨ」は「スムニダ」ほどかたくない、日常会話で使う丁寧形です。

親近感を出すために「マシッケ~(맛있게 ~)」

「マシッケモゴッスムニダ(맛있게 먹었습니다)」



「マシッケモゴツソヨ(맛있게 먹었어요)」

直訳するとどちらも「おいしく食べました」になります。近い関係の人にはこちらをよく使います。
「マシッケ」が「おいしく」、「モゴッスムニダ」「モゴツソヨ」が「食べました」です。

こちらの表現のほうが親しみがこもっていて、実際によく使います。覚えるならこちらのフレーズで覚えたほうがいいかもしれません。

3 発音の注意点

カタカナを日本語式に読んでも韓国人には通じません。発音のコツがあります。

「チャル」の「ル」は、「Ru」ではなく「L」です。

舌を上の歯の付け根につけます。その状態が「L」です。無理に「ル」と言わなくて大丈夫です。舌先を上歯の付け根につけて「ヴ―」というのが「L」の音です。この音ができるとかなりきれいな発音になります。

「スムニダ」の実際の発音は「スムミダ」

「ム」で口をつぐんでください。そしてすぐに「ミダ」と続けてください。口をつぐんで、すぐに「ニ」の音は発音しにくいです。韓国人も普通の会話の速度で話す時は「ニ」の音はほとんど出ていません。「ミダ」で大丈夫です。

「モッケッスムニダ」「モゴッスムニダ」は「ッス」

濃音化と言いますが、「ス」は喉を詰めた感じの発音で「ッス」のようになります。

4 「いただきます」や「ごちそうさまでした」とあまり言わない

韓国人は、日本人のように、食べる前や食べた後にあいさつする習慣がありません。
また、日本人は「食べ物」自体に感謝の気持ちを表すため、一人で食べる時も両手を合わせて感謝の気持ちを表してから食べますが、韓国では作ってくれた人に感謝の気持ちを表します。ですので「チャルモッケスムニダ」というのは、作ってくれた人に対してです。

礼儀が必要な場面では挨拶表現を使う

よその家へ行って食事をごちそうになる時などには使います。
正式な「挨拶言葉」は、元々フォーマルな場面、言い換えると人間関係に距離のある場合に使うものでした。

家族の間や友人同士では「いただきます」と言わない

自宅では、特にあいさつなしに食べ始めますし、食べ終わっても何も言いません。
母に「早く食べな」と言われて「うん」と言って食べ始めたり、「もうお腹いっぱい」と言って食べ終わったりします。

近い関係の人にわざわざ改まった挨拶はしません。

5 食べる時のマナーが違う

日本と違う、韓国の食事のマナーや礼儀

6 使えそうな表現はフレーズで覚えてしまいましょう。

音声で聞いて耳から覚えてしまいましょう。そうすれば韓国行っても使えますし、ドラマでも聞き取れるようになります。

他にも、挨拶表現、自己紹介の表現、韓国に旅行に行った時使える表現、ぜひ見ておいてください。そして、韓国へ行った時に使ってみてください。言葉が通じると楽しいですし、ドラマを見て聞き取れるとうれしいですよね。
韓国語でなんて言うの?「目次」へ

※ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんがおすすめ!
その理由を紹介します。

リーズナブルな料金体系で入会金も無料で

入会時にレッスン代とは別にお支払いいただく費用はありません。

グループレッスンは定員6名、月に4回で総額3,800円

レッスンは毎週同じ曜日の同じ時間にあります。
新規の生徒さんにはレベルチェックを行っていますので、レベルの合わない生徒さんが同じクラスに入るということはありません。
振替は月に2回まで可能です。

プライベートレッスンは、月に4回の場合総額14,500円

通い方は自由です。月に1回でも10回でも、毎週同じ曜日の同じ時間でも、まったくばらばらでもかまいません。
予約の変更、キャンセルは、前日までにご連絡いただければ手数料は一切かかりません。
また、ご友人の方と2人、3人、4人でいらしていただくことも可能です。
その場合のレッスン代の総額は、おひとりの時と同じです。つまりタクシーに乗るような感じをイメージしてください。総額が変わりませんので、たとえば2人で受けて割り勘すると、14,500円の半額、7,250円となります。

会話重視で「話せるようになる」を目標にしたレッスン

レッスンで習ったことは、講師は韓国語で話すので、初級のテキストが終わるころには、レッスンはほぼ100%韓国語になっています。

講師は全員韓国生まれ韓国育ちのネイティブ講師

全員きれいな標準語を話す20代から40代の優しい講師陣です。日本語ももちろん上手で、ほぼ全員が韓国語教員資格証を持っています。

防音設備の整った清潔な教室

静かできれいな教室で、落ち着いて勉強できます。

体験レッスンも無料

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
オンラインでのレッスンも可能です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。