Column コラム

Column

HOME//コラム//韓国語で「会いたい/ポゴシッポ」場面に応じた表現フレーズ徹底解説![音声付き]

気になる韓国語の「単語・表現」

韓国語で「会いたい/ポゴシッポ」場面に応じた表現フレーズ徹底解説![音声付き]

投稿日:2023年4月24日 | 最終更新日:2023年12月19日

韓国語で「会いたい」は「ポゴシプタ」です。会話では「ポゴシッポ」「ポゴシッポヨ」と言います。「ポゴシプタ」を直訳すると「見たい」となりますが、近い人に会う時は、顔をしっかり見るので、韓国では近い人に会う時は「見る」を使います。
日本人は「会いたい」という表現をどのくらい家族や恋人に使っていますか?
韓国人は「ポゴシプタ/ポゴシッポ」を日常的によく使います。
ここではドラマにもたんさん出てくる「ポゴシッポ」という表現についてわかりやすく解説します。

目次 ▼

1 韓国語には「会う」という意味の動詞がふたつある

「会う」は辞書を引くと「マンナダ(만나다)」と出ていますが、近い関係の人に会う時は「見る」という意味の「ポダ(보다)」を使います。近い関係の人に「会う」というのは、顔を直接見ることなので「見る」になります。
「マンナダ」は距離感のある人と会う時に使います。仕事で会ったり、あまり親しくない知り合いに会ったりする時です。
タレントの追っかけの場合は「ポダ」を使った「ポゴシプタ」でOKです。

2「ポダ(보다)」が「見る/会う」、「~コシプタ(고 싶다)」が「~たい」

「ポダ」の語尾「ダ」を取って、「~コシプタ」をつなげて「ポゴシプタ」です。
「~コシプタ」の「コ」は、言葉のはじめでは「コ」の音ですが、言葉の中間に入ると「ゴ」の音になります。

※「コ(고)」は、語のはじめに来た時は「コ」の音にに近く、語の中間に来た時には「ゴ」と濁音になります。韓国人は意識して区別をしているわけではありません。韓国語には「清音」と「濁音」の区別がないので「コ」でも「ゴ」でもどちらでもかまわないのですが、語の初めでは「コ」に近くなり、語の中間では「ゴ」に近くなります。喉の力の入り方で自然にそうなるためです。音の区別がないため、日本人が「コ」と言っても「ゴ」と言っても韓国人には同じに聞こえます。
 韓国語では息の吐き方で音の区別をします。子音には『平音』『激音』『濃音』があります。
ハングルの『平音』へ
ハングルの『激音』へ
ハングルの『濃音』へ

近い関係の人には「ポゴシプタ(보고 싶다)」

「会いたい」という意味で「ポゴシプタ(보고 싶다)」は形容詞です。「会いたい」が形容詞であるのと同様です。
「ポゴシプタ」で「会いたい」という言い切りの形になります。独り言もこの形です。
近い関係でない時は「マンナゴシプタ(만나고 싶다)」です。

日常会話の丁寧形は「ポゴシッポヨ(보고 싶어요)」

「会いたいです」という意味です。
更にフォーマルな言い方は
「ポゴシプスムミダ(보고 싶습니다)」

仕事などの関係なら「またお会いしたいです」という意味の「タシマンナゴシプスムニダ(다시 만나고 싶습니다)」ですが、近い関係の人なら「タシ ポゴシッポヨ(다시 보고 싶어요)」と言います。

韓国語の丁寧形には「~ニダ」で終わるフォーマルな丁寧形と、「~ヨ」で終わる日常会話の丁寧形があります。それぞれ「ニダ体」「ヨ体」と言います。日本では「ハムニダ体」「へヨ体」と言うこともあります。

韓国語の丁寧形の詳細についてはこちらを参照してください。
韓国語の2つのタイプの丁寧形について

『パンマル(タメ口)』は「ポゴシッポ(보고 싶어)」

ポゴシッポ ジョンボム(男性の名前) 〔画像出典 : KBSチャンネル〕

「ヨ」が丁寧の意味で、日本語の「です・ます」に当たります。
「会いたい」と言っています。切ない場面です。

過去形は「ポゴシッポッソヨ(보고 싶었어요)」「ポゴシッポッソ(보고 싶었어)」

〔画像出典 : KBSチャンネル〕

「ポゴシッポッソヨ」

「会いたかったです」という意味です。「ッソ(ㅆ어)」が過去を表します。

フォーマルな丁寧形は
「ポゴシッポっスムニダ(보고 싶었습니다)」



『パンマル(タメ口)』の「会いたかった」は
「ポゴシッポッソ(보고 싶었어)」

丁寧の「ヨ」を取ります。

韓国人は「ポゴシプタ/ポゴシッポ」をよく使う

恋人に会いたい時だけではなく、一人暮らしで、あるいは留学に行って寂しい時、母を「ポゴシッポ」と、韓国の女性はよく言います。男性でも言う人が多いです。そう言うほうが人としての温かみが感じられます。日本人よりずっとずっと使用頻度が多いです。これも文化の違いかもしれませんね。

そして「会う」という意味の「ポダ」「マンナダ」はいずれも他動詞です。そのため「~に会う」の「に」は、韓国語では「を」に当たる「을/를」を使います。
オンマルル ポゴシッポ(엄마를 보고 싶어)
→ 母に会いたい[直訳では「母を会いたい」]

「とても会いたい」と言いたい時

「とても」と強調する時は、日本語同様、形容詞の前に副詞をつけます。
アジュポゴシプタ(아주 보고 싶어)
→ とても会いたい
ノムポゴシプタ(너무 보고 싶어)
→ めっちゃ会いたい〔直訳は会いたすぎ〕
ノムノムポゴシプタ(너무너무 보고 싶어)
→ めちゃめちゃ会いたい〔直訳は会いたすぎ〕
「アジュ」が基本ですが、やや文語的ニュアンスのため、『パンマル(ため口)』とはバランスが合いません。
「ノム」「ノムノム」は、会話でよく使われる形です。若者たちがよく使いますが、本来はマイナスニュアンスを強調する副詞です。日本語の「~すぎ」に近いです。そのため韓国語初歩者が使うと違和感いがあるため、おすすめしませんが、しかしそうすると適当な副詞がありません。「とてもポゴシプタ」と言いたい場合は「ノム」「ノムノム」を使うしかありません。

更に詳しいことはこちらを参照ください。
韓国語で「とても~/本当に~」

3「ポゴシッポ」「ポゴシプタ」の発音は

ちょっとしたコツをつかめばネイティブ発音に近くなります。

「ポゴシッポ」は日本語発音で通じる

「ポゴ」の「ポ」と「ゴ」は口を丸めて発音します。「チューする」時の「チュー」の口です。
「シッポ」の「ポ」は息を吐きながら発音する激音です。強めに発音します。

「ポゴシプタ」の「シプタ」は「シpタ」

「プ」は「p」です。「pu」ではありません。「失敗」と言おうとして「しっ」で止めて、すぐに「タ」を続けてください。「タ」は「ッタ」のようになりますが、それが「シpタ」です。

4 使えそうな表現はフレーズで覚えてしまいましょう。

音声で聞いて耳から覚えてしまうのが効果的です。そうすれば韓国行っても使えますし、ドラマでも聞き取れるはずです。

自己紹介の表現、挨拶の表現、韓国へ旅行へ行った時に使える表現を、ぜひ一緒に見ておいてください。そして、韓国へ行った時に使ってみてください。通じると楽しいですし、ドラマを見て聞き取れるとうれしいですよね。
韓国語でなんて言うの?「目次」へ

※ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんがおすすめ!
その理由を紹介します。

リーズナブルな料金体系で入会金も無料

入会時にレッスン代とは別にお支払いいただく費用はありません。

グループレッスンは定員6名、月に4回で総額3,800円

レッスンは毎週同じ曜日の同じ時間にあります。
新規の生徒さんにはレベルチェックをしていますので、レベルの合わない生徒さんが同じクラスに入るということはありません。
振替は月に2回まで可能です。

プライベートレッスンは、月に4回の場合総額14,500円

通い方は自由です。月に1回でも10回でも、毎週同じ曜日の同じ時間でも、まったくばらばらでもかまいません。
予約の変更、キャンセルは、前日までにご連絡いただければ手数料は一切かかりません。
また、ご友人の方と2人、3人、4人でいらしていただくことも可能です。
その場合のレッスン代の総額は、おひとりの時と同じです。つまりタクシーに乗るような感じをイメージしてください。総額が変わりませんので、たとえば2人で受けて割り勘すると、14,500円の半額、7,250円となります。

会話重視で「話せるようになる」を目標にしたレッスン

レッスンで習ったことは、講師は韓国語で話すので、初級のテキストが終わるころには、レッスンはほぼ100%韓国語になっています。

講師は全員韓国生まれ韓国育ちのネイティブ講師

全員きれいな標準語を話す20代から40代の優しい講師陣です。日本語ももちろん上手で、ほぼ全員が韓国語教員資格証を持っています。

防音設備の整った清潔な教室

静かできれいな教室で、落ち着いて勉強できます。

体験レッスンも無料

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
オンラインでのレッスンも可能です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。