Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国人は、鱈をよく食べます。

韓国の暮らし【食事・食べ物・お酒】

韓国人は、鱈をよく食べます。

日本人と韓国人の年間の海産物消費量を調べてみました。日本人のほうが多いと思ったのですが、ほぼ同じでした。しかし、よく食べる魚(海産物)の種類が違いました。

日本人がよく食べる魚(海産物)は、
1位 鮭
2位 いか
3位 まぐろ
4位 ぶり
5位 えび
だそうです。

そして、韓国人のよく食べる魚(海産物)は、
1位 명태(スケトウダラ)
2位 오징어(いか)
3位 고등어(鯖)
4位 갈치(太刀魚)
5位 조기(イシモチ)
となります。

日韓、どちらでも2位のいか以外は、全部違います。韓国で1位は、명태(スケトウダラ)です。韓国では、いろいろな料理にして食べます。例えば、명태구이(スケトウダラ焼き)、황태구이とも言います。


そして、명태전(スケトウダラチヂミ)


また、명태조림(スケトウダラ煮付け)


あるいは、명태찜(スケトウダラ煮込み)


そして、寒い冬に外で凍らせて干してを繰り返したものは、황태と言います。


韓国では、명태(スケトウダラ)にも、いろいろ呼び名があります。
황태、생태、동태、북어、코다리、노가리、금태、진태、낚시태
どうやって捕まえたか、つかまえた後、どうしたかによって名前が変わります。また、명태(スケトウダラ)の仲間に대구(鱈)がありますが、대구(鱈)もよく食べます。대구탕(鱈スープ)も、人気の料理です。


韓国には、명태(スケトウダラ)料理の専門店もあります。これは、お店の宣伝ですが

별나다が、ちょっと変わったという意味で、별난명태で、ちょっと変わったスケトウダラとなります。ちょっと変わったスケトウダラ料理の専門店です。そのくらい、韓国では、スケトウダラや鱈は、ポピュラーでよく食べる魚のナンバーワンです。

ただ、最近は、ほぼすべて、ロシアからの輸入品です。韓国近海で、ぜんぜん捕れなくなってしまいました。これも、温暖化の影響だと言われています。

目次

韓国人が一番よく食べる魚は鱈です。

韓国人も日本人も、1人当たりの年間の海産物消費量は同じくらいですが、よく食べるものが全然違います。

ブログ一覧