Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国語講座6                      合成母音

韓国語講座

韓国語講座6                      合成母音

合成母音とは、文字通り、母音を合成したもので、
母音をふたつ以上組み合わせたものです。
母音と母音なので、音はやっぱり母音です。

見かけがごちゃごちゃしていますが、日本人にとって難しくありません。

合成母音は11あります。

「ㅐ」「ㅒ」「ㅔ」「ㅖ」「ㅝ」「ㅟ」「ㅞ」「ㅘ」「ㅚ」「ㅙ」「ㅢ」です。

これらも、無音の子音「ㅇ」をつけて文字にします。
「애」「얘」「에」「예」「워」「위」「웨」「와」「외」「왜」「의」

形は11ありますが、音の同じものがあるため、音としては7つです。

では、順に、見ていきましょう。

「애」「에」
「ㅏ」と「ㅣ」で「ㅐ」です。「애」発音は、日本語の「エ」と同じです。
「ㅓ」と「ㅣ」で「ㅔ」です。「에」も、日本語の「エ」と同じです。
このふたつ、昔は区別があったのですが、現代韓国語では、発音は同じです。
単語によって、どちらを使うかが決まっていますから、どちらなのかは、単語ごとに覚える必要があります。

単語で練習してみましょう
「배우(俳優)」「여행(旅行)」「야채(野菜)」
「어제(昨日)」「게(蟹)」「세다(強い)」

「얘」「예」
「ㅑ」と「ㅣ」で「ㅒ」、「얘」の発音は「イェ」
「ㅕ」と「ㅣ」で「ㅖ」、「예」これも発音は「イェ」
このふたつも現代韓国語では発音は同じです。
そして、「ㅇ」以外の子音がつくと、発音はただの「エ」になります。
たとえば、「걔」「계」は、それぞれ「ケ」です。
ですので、「개」「게」「걔」「계」は、すべて同じ発音「ケ」です。

単語で練習してみましょう
「예약(予約)」「「계단(階段)」「시계(時計)」
「얘기(이야기(話)の縮約形)」

「워」
「ㅜ」と「ㅓ」で「ㅝ」、「워」の発音は「ウォ」です。
形も、「ウ」と「オ」を足して「ウォ」になっていますね。

単語で練習してみましょう
「샤워(シャワー)」「병원(病院)」「권투(拳闘・ボクシング)」

「위」
「ㅜ」と「ㅣ」で「ㅟ」、「위」の発音は「ウィ」です。
これも形の通り、「ウ」と「イ」で「ウィ」です。

単語で練習してみましょう
「귀(耳)」「가위(はさみ)」「튀김(てんぷら)」

「웨」
「ㅜ」と「ㅔ(ㅓ+ㅣ)」で「ㅞ」、「웨」の発音は「ウェ」です。
これも形の通り、「ウ」と「エ」で「ウェ」です。

単語で練習してみましょう
「웨딩(ウェディング)」「웨이팅(ウェイティング・キャンセル待ち)」「궤도(軌道)」

「외」「왜」
「ㅗ」と「ㅣ」で「ㅚ」、「외」の発音は「ウェ」です。
「ㅗ」と「ㅐ(ㅏ+ㅣ)」で「ㅙ」、「왜」の発音も「ウェ」です。
「オ」と「イ」、「オ」と「エ」を足してますが、足して「ウェ」です。
現代韓国語では、どちらも「웨」(ウェ)と同じ発音と考えて差支えないです。

単語で練習してみましょう
「외국(外国)」「괴물(怪物)」「회사(会社)」「왜(なぜ)」「돼지(ぶた)」「쾌적(快適)」

「와」
「ㅗ」と「ㅏ」で「ㅘ」、「와」の発音は「ワ」です。
これも、「オ」と「ア」を足して「ワ」になってますね。

単語で練習してみましょう
「와인(ワイン)」「과자(菓子)」「화장실(化粧室・トイレ)」

「의」
「ㅡ」と「ㅣ」で「ㅢ」、「의」の発音は、「ウィ」です。
「으」と言ってから「이」と言います。ふたつを早くつなげて「의」「ウィ」です。
しかし、「의」が語中に来た場合、また、「ㅇ」以外の子音がつくと、ただの「イ」になります。
たとえば、「희」は「ヒ」と発音します。「히」と同じ発音になります。
また、名詞と名詞をつなぐ助詞【日本語では「の」に相当】として使う場合、発音は「エ」になります。

単語で練習してみましょう
「의자(いす)」「의사(医師)」「주의하다(注意する)」「희다(白い)」「우리의 목표(私たちの目標)」

ここまでが、基本の文字と発音です。

いかがでしたか? 難しいと感じましたか? 簡単だと感じましたか?
ハングル文字は、元々記号なので、はじめは文字に見えないかもしれませんが、
慣れれば、ちゃんと文字に見えるようになります。
まずは、たくさん接して、仲良くなってください。

目次

ハングルの合成母音を練習しましょう。

ハングルの合成母音の説明と練習です。

ブログ一覧