Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//第1課 アンニョンハセヨ        【あいさつ言葉】 

韓国語講座

第1課 アンニョンハセヨ        【あいさつ言葉】 

あいさつ言葉


 

1 おはようございます、こんにちは、こんばんは


  人に会った時のあいさつは、朝でも昼でも夜でも、안녕하세요

  안녕は、「安寧」という漢字の言葉です。


 ※ 発音の規則

  ㅎ(h)は、語のはじめに来た時は、hの発音ですが、

  語の中間に来た時は、hの音が、ほとんど消えます。

  ですので、안녕하세요 の発音は、 안녕아세요

  のようになります。

 

2 さようなら


  そこから去る人に  안녕히 가세요

  その場に留まる人に    안녕히 계세요

 

 ※ 発音の規則

  ㅎ(h)は、語のはじめに来た時は、hの発音ですが、

  語の中間に来た時は、hの音が、ほとんど消えます

   안녕히 가세요  ⇒ [안녕이 가세요]

   안녕히 계세요  ⇒ [안녕이 계세요]

 

  日本語では、「そこから去る人に対して」と

  「その場に留まる人に対して」を区別をしませんが、

  韓国語では区別をしますので、何度も練習して、慣れてください。

 

  가세요 と 계세요、よく似ていますが、

  가 は、「行く」  (가다)の語幹、 세요が「~てください」で、

  가세요は、「行ってください」「お行きください」

  계시다 が、「(その場に)いらっしゃる」 、세요が「~ください」で、

  계세요は、「(その場に) いらっしゃってください」という意味です。

 

3 ありがとうございます


  감사합니다

  감사 の発音が、カムサとならないように、気をつけてください。

  감사は「感謝」という漢字の言葉です。

 

 ※ 発音の注意

  합  と、パッチム  ㅂ(p) の発音のあとに、  니다 を発音する

  합  니다  は、発音しにくいので、 ㅂ(p) を口をつぐむだけにして、

  함니다 と発音します。

 

 ※ 発音の規則

    ㅂ(p)に続く子音が、ㄴ(n)、ㄹ(L)、ㅁ(m)の時、

    ㅂ(p)は、ㅁ(m)の音で発音する。

    例)  합니다 ⇒[함니다]

 

  この発音の規則を丸覚えする必要はありません。

  単語が出て来た時に、発音もいっしょに覚えてください。

  発音が変化するのは、発音しやすくするためです。

  発音が、しやすく変わっていることを、確認してください。

 

4 どういたしまして


  천만에요

  천만は「千万」という漢字の言葉です。

 

 ※ 発音の規則

  パッチムに続く子音が、無音の子音の時、

  無音の子音のすぐ前のパッチムが、無音の子音の位置に入り込む。

  例)  천만에요 ⇒[천마네요]

 

  日本語では、「ありがとう」に対しては、

  本来、「どういたしまして」ですが、

  実際には、「どういたしまして」と言わず、

  簡単に「いいえ、いいえ」「大丈夫です」等と、

  言うことが多いです。

  これは、韓国語でも同じで、천만에요  と言わずに、

  簡単に  아니에요(いいえ、いいえ)等ということが、

  実際には多いです。

 

5 すみません(すいません)


  죄송합니다

  죄 の  외 の音、  송 の  ㅇ(ng) の音、

  しっかり発音できるように練習してください。

 

 ※ 日本語の「すみません(すいません)」には、

  大きく、みっつの意味があります。

   1 謝罪、謝る時

   2 人に呼びかける時

   3 簡単にお礼を言う時

 

  しかし、韓国語の 죄송합니다 は、1の「謝罪、謝る」意味だけです。

 

6 かまいません、大丈夫です


  괜찮아요

  괜は ㅙ です。発音、スペル、どちらも正確に覚えてください。


 ※ 二重パッチム

  ひとつの文字にパッチムがふたつある時「二重パッチム」と言います。

  パッチムは、ふたつのうち、ひとつだけ読みます。

  どちらを読むかは、パッチムの組み合わせで決まっています。

  ㄴ(n) と ㅎ(h) の組み合わせでは、ㄴ(n) を読みます。

 

 ※ 発音の規則

  パッチムに続く子音が無音の時、パッチムは子音の位置に入り込む。

  괜찮아요 ⇒ [괜차나요]

 

7 お疲れ様でした


  수고하셨습니다

  셨 のパッチム  ㅆ は、 ㄷ(t)型のパッチムで、

  また、続く子音が  ㅅ(s) です。

 

 ※ 発音の規則

  パッチムと、パッチムに続く子音、

  どちらも濃音のある音[ㄱ(k) ㄷ(t) ㅂ(p) ㅅ(s) ㅈ(j)]

  の時、子音の音は、濃音に変わる。

  例)  하셨습니다  ⇒[하셛씀니다]

 

8 おめでとうございます


  축하합니다   [추카함니다]

  축하 は、「祝賀」という漢字の言葉です。

 

 ※ 発音の規則

  パッチムに激音のある子音[ㄱ(k) ㄷ(t) ㅂ(p)  ㅈ(j)]

  続く子音がㅎ(h) の時、パッチムと子音が合わさって激音になる。

  例) 축하합니다  ⇒[추카함니다]


  激音のところで学習した規則です。

    ㄱ + ㅎ⇒ ㅋ

    ㄷ + ㅎ⇒ ㅌ

    ㅂ + ㅎ⇒ ㅍ

    ㅈ + ㅎ⇒ ㅊ

 

  発音の規則は、たくさんあります。

  「発音変化の規則のまとめ」がありますので、

  ある程度、学習が進んだところで、見てください。

  はじめのうちは、単語を覚える時に、発音も丸覚えで、

  そのまま覚えながら、感覚を身につけて行ってください。

 

ブログ一覧