Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//言葉遣いを間違えると大変なことになります

韓国語表現

言葉遣いを間違えると大変なことになります

日本語と同じく、韓国語にも敬語がありますし、丁寧語(日本語のです・ます)もありますし、タメ口(반말・パンマル)もあります。반말(パンマル)の「반(パン)」は半分、「말(マル)」は言葉、という意味なので、반말(パンマル)は、「半分の言葉」という意味になります。丁寧語とタメ口の使い分けは、日本語とだいたい同じですが、違うところも多いです。

お互いに、丁寧語? ため口?

韓国では、年下は年上に、必ず丁寧語で話します。それどころか、敬語をきちんと使わなくてはなりません。初対面のときや、仕事の関係では、年に関係なく丁寧語です。日本では、自分の親に丁寧語で話しませんね。そんな日本人を見ると、韓国人はびっくりします。

また、商店街などで、店の人がお客さんに丁寧語を使わないで話すのも韓国ではありえない話です。

逆に、相手が明らかに子供の場合、丁寧語を使うことはありません。子供に対するぞんざいな言葉遣いをします。日本のテレビを見ると、小学生に丁寧語でインタビューするアナウンサーがいますが、韓国ではありえません。

日本では、親しみの意味で「です・ます」を使わないこともあるみたいですが、韓国語では、単にぞんざいになるだけです。韓国では、言葉遣いを厳格に区別します。うっかり間違えると大変なことになります。例えば、列に並ばない人を注意する時も、丁寧語を使わないで言うと、「なんでタメ口で話すんだ」と逆ギレされることになります。

そして、時には「年下のくせになんだ」「俺のほうが年上だ」と言い合いになり、お互い身分証明書を出し合って、どちらが年上が確認する、なんてこともあります。韓国では、年が上か下かは、日本よりも厳格です。

ブログ一覧