Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//第7課 図書館で勉強します。【文法2】

韓国語講座

第7課 図書館で勉強します。【文法2】

【助詞】


 

1 他動詞の目的語を表す「を」 ⇒ 을/를

   名詞にパッチムがある時   을

   名詞にパッチムのない時    를

 

 日本語の「を」(他動詞の目的語を表す「を」)は、

 ほぼ全て、을/를に置き換え可能です。

   例) ご飯を食べる ⇒ 밥을 먹다    ※  밥(ご飯)、 먹다(食べる)

     牛乳を飲む ⇒ 우유를 마시다    ※  우유(〔牛乳〕)、 마시다(飲む)

 

 ただし、例外もいくつかあります。例えば、

   人に会う ⇒ 사람을 만나다     ※  사람(人)、 만나다(会う)

   電車に乗る ⇒ 전철을 타다     ※  전철(〔電鉄〕)、 타다(乗る)

 等があります。韓国語では、만나다(会う)、타다(乗る)は他動詞となります。

 

 

2 動作の場所を表す「で」 ⇒ 에서

 動作の場所を表す「で」は、ほぼ全て에서に置き換え可能です。

   例) 学校で勉強する ⇒ 학교에서 공부하다   ※학교〔学校〕、공부하다(勉強する)

 

3 出発点を表す「から」 ⇒ 에서

  到着点を表す「まで」 ⇒ 까지

 出発点を表す「から」は、에서 になります。動作の場所を表す에서と同じ発音です。

 出発点を表す意味になるのは、後ろに来る動詞が、「来る」や「出る」などの時です。

   例) 家から会社まで1時間かかります 
            ⇒집에서 회사까지 1시간 걸려요.  ※ 걸리다(かかる)

 

 日本語では「家を出る」と言いますが、韓国語では、집에서 나오다 となります。

 집을 나오다 という言い方もありますが、この場合は「家出をする」ニュアンスになります。

 

 また、「出る」は、나가다 、 나오다 のように、

 方向を表す가다、あるいは 오다をつけて表現します。

 

 

4 時刻の「から」「まで」 ⇒ 부터 까지

  時刻の始まりは 부터となります。場所の出発点の時の 에서と違いますので、

  注意して下さい。「まで」は場所の時と同じです。

   例) 午前9時から午後5時まで仕事をします ⇒ 오전9시부터 오후5시까지 일해요.

 

 

5  方向・目的地を表す「へ」「に」 ⇒ 에 、 으로/로

   名詞にパッチムがある時   으로

   名詞にパッチムがない時    로

 

 方向・目的地を表す「へ」「に」は、에 あるいは、으로/로 に置き換え可能です。

   에 は、方向を表します。

   으로/로 は、ピンポイントで目的地を表します。

 

 つまり、에 は、途中下車あり、

 으로 /로 は、途中下車なし、まっすぐ目的地へ、

 となります。

 

 ですので、「引っ越します」のような時は、

 途中下車なしの 으로/로 を使うことが一般的です。

   例) 釜山に引っ越します ⇒ 부산으로 이사가요.

 

 また、引っ越すこと自体は、이사하다 と言いますが、

 移動を伴う場合は、가다 あるいは 오다をつけて、

 이사가다、あるいは、이사오다 のように表現します。

 

 同様に、「帰る」も、가다 あるいは 오다をつけて、

   돌아가다 帰って行く

   돌아오다 帰って来る

 となります。

 

 「出る」「引っ越す」「帰る」は、

 가다 あるいは 오다をつけて、表現します。

 日本語と違いますので、注意が必要です。

 

6 (手段・方法)で ⇒ 으로/로

   名詞にパッチムがある時   으로

   名詞にパッチムがない時    로


 手段・方法を表す「で」は、으로/로 に置き換え可能です。

   例) 手で食べます ⇒ 손으로 먹어요.    ※  손(手)

     自転車で会社へ行きます ⇒ 자전거로 회사에 가요.            ※  자전거〔自転車〕

 

 助詞の使い方は、日本語とだいたい同じですが、違う所が少しあります。

 この「違う所」を、しっかり頭に入れてください。

 そうすれば、あとは、直訳でOKです。

ブログ一覧