Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//今の韓国の若者たちはN放棄世代です

韓国の暮らし【流行・話題・若者】

今の韓国の若者たちはN放棄世代です

韓国は急速に経済発展をしたため、生まれた年代によって、考え方や行動様式の差が大きいです。
http://ameblo.jp/hanguruchan/entry-11768636658.html

日本でもそうだと思いますが、韓国にも、特徴ある、ひとつの世代を表現する言葉がいくつかあります。代表的なものを挙げると、386世代とX(エックス)世代です。386世代というのは、
             ↑
80年代後半 当時30代で80年代に大学に通った60年代出生者を呼ぶ言葉 第5・6共和国時節 民主化運動主導とあるように、80年代後半に、大学で、民主化運動を行っていた世代です。学生運動を一生懸命やっていた人たちは、会社に就職できず、仕方なく公務員試験の勉強をして、公務員になった人たちが多いです。この世代の公務員は、学生運動経験者が多いです。

そして、X世代というのは、

90年代 民主化と経済的豊かさを全て享受した新世代の登場 中でも 既存の価値や慣習から自由で 個人主義的で自分が好きな分野にはまって生きる彼らをX世代と呼ぶ、というように、自由を満喫する新世代を、X世代と言いました。

その後、アイフォンなどを持ち歩き、常に友人たちとのつながりを求めるU世代という言葉も生まれました。

いずれも、マイナスのニュアンスはなく、どちらかというとプラスのニュアンスでした。

しかし、今の若者たちを呼び表す言葉は、N抛(放棄)世代というマイナスニュアンスの言葉です。

そして、今、我々が生きている2015年 N放世代 就職難など大変な現実のため、恋愛・結婚・出産を抛棄した(放棄した、あきらめた)世代を呼び表す3放世代、ここに 家と人間関係を放棄した5放世代、夢と希望さえも放棄した7放世代など多くのことを放棄した世代というように、悲惨です。N포세대(N抛(放棄)世代)の若者たちは、どうして自分がX世代に生まれず、N抛(放棄)世代に生まれたのかと、嘆いているのだそうです。

しかし、N포세대(N抛(放棄)世代)という言葉も、誕生からすでに7年が経過しています。そろそろ、次の世代を表す言葉が出てきてもいい頃なのですが、若者を取り巻く状況は変わっていません。変わっていないどころか更に悪化しています。もうしばらくはN포세대(N抛(放棄)世代)かもしれません。

ここ数年、韓国は急激に少子化が進んでいます。そんな中で育つ子供たちの感覚は今の親の世代とはずいぶん違っています。恐らく、次の世代を表す言葉は、この少子化と関係ある言葉になるのではないかと、私は思っています。

ブログ一覧