Column コラム

Column

HOME//コラム//最近の韓国の若者たちのお酒の飲み方

韓国の暮らし 6【健康・性格・若者】

最近の韓国の若者たちのお酒の飲み方

投稿日:2022年12月6日 | 最終更新日:2024年2月14日

「韓国人はお酒が強い」「強いお酒をガンガン飲む」それが少し前までの韓国人のイメージでした。しかし、最近の若者たちは、強いお酒を飲みません。韓国人のお酒の飲み方が大きく変わりました。
ここでは、最近の若者たちのお酒の飲み方についてご紹介します。

目次 ▼

1 ビールに焼酎を少しだけ入れて飲む

韓国では昔からビールに焼酎を混ぜたお酒をよく飲みます。

以前は爆弾酒と言った

ビールに焼酎(소주・ソジュ)を入れたおちょこを落として、ビールと混ぜて飲むお酒を韓国では爆弾酒と言います。酔うために飲むようなお酒ですが、韓国の飲み会ではよく読むお酒です。会社員の会食などでも飲みますし、以前は大学生たちが集まって飲む時にはよく飲みましたが、最近の若い人たちはアルコール度数の低いお酒を好むため、爆弾酒は今の若い人たちにとって、おじさんたちの悪い飲み方のイメージになっています。

爆弾酒の作り方は簡単です。ビールのグラスに焼酎用のおちょこを落とすだけです。自分で落としてもいいのですが、並べたビールグラスのふちに焼酎用のおちょこを置いて、いっせいにビールグラスに落とすのが一般的です。
味は思ったよりも悪くありません。というよりけっこうおいしいです。ただ、焼酎をおちょこ一杯分丸々入れるとアルコールが強すぎるので、最近の若い人たちは、ビールに焼酎を少しだけ入れて飲みます。

爆弾酒と言わないでソメクと言う

ソジュ(焼酎・소주)+メクチュ(ビール・맥주)の最初の文字をつなげてソメク(소맥)です。ソメクを作るときに、どのくらい焼酎を入れるとどのくらいのソメクになるか、一目でわかるソメク用グラスもあって、楽しみながら飲むことができます。

ソメクの作り方は、まずソメク用グラスの下の方にいくつかある線のひとつに合わせて焼酎を入れます。この時、焼酎の量が多いとそれだけアルコールの強いソメクになります。そのあとふちに近い上のほうの線に合わせてビールを入れてできあがりです。
ソメクは焼酎2対ビール8くらいが一番おいしい黄金比率のようです。

ちなみに爆弾酒という言い方ですが、元々は日本軍で使われていた言葉のようです。

2 韓国人のアルコール消費量について

3 最近の韓国の若者たちの文化について

「こちら」へ

※ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
ハングルちゃんは
① リーズナブルな料金システム
② 講師は全員韓国生まれ韓国育ちの優しい韓国人
③「話せるように」を目標とした会話中心のレッスン
④ 防音設備の整った清潔な教室
オンラインレッスンも可能です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。