Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//第5課 いすの下にさいふとかばんがあります。【文法・注意点】

韓国語講座

第5課 いすの下にさいふとかばんがあります。【文法・注意点】

この課の学習項目はみっつです。
1 位置を表す言葉
2 います、あります
3 存在を表す助詞、에(に)

 

1 位置を表す言葉


         右    
 위  아래・ 밑      오른쪽   왼쪽 

 前  後ろ         内(側)
   앞            밖    속    안(쪽)

 

ポイント・注意点①


「下」を表す言葉がふたつあります。使い分けは、
  아래    物体の下、下のほう
 밑        そこを基準にして、下のほう

 바다 (海)を例にとると、
 바다 아래     海の深い部分、
  바다 밑          海底より下の部分
 となります。

 

ポイント・注意点②


「中・内」を表す言葉の使い分けは、
속              すっぽりと覆われた深い中側
 안(쪽)       囲まれた内側

 

ポイント・注意点③


位置を表す時の、日本語の「の」に当たる助詞「의」は省略されます。
例)   机の上 ⇒ 책상 위
  いすの下 ⇒   의자 밑

 

2 ~にいます、~にあります


日本語では、人か物かで、「います」と「あります」を区別して使いますが、韓国語では区別がありません。
人でも物でも「います」「あります」は 있어요、「いません」「ありません」は  없어요 になります。

 

3 存在を表す助詞


まず、日本語で考えてみましょう。「~にある」「~にいる」の「に」、「に」は存在の場所を表します。
「います」「あります」以外に「に」を使うのは、
 ①東京に住んでいます
 ②会社に勤めています
 ③ベッドに寝ています  (ベッドで寝ています)も可
などです。数が限られます。

韓国語でも「에」は存在の場所を表します。日本語の「に」と同じです。
 ①서울에 살고 있어요  (ソウルに住んでいます)
 ②회사에 근무하고 있어요  (会社に勤めています)
初級レベルで存在の場所を表す「에」を使う動詞は、「있어요 」「없어요」と、この2つだけです。
ただ、このふたつ、①②の動詞は、どちらも「에서(で)」を使うこともできます。日本語とは少し違います。

また「に」に対して、「で」は動作の場所を表しますが、韓国語では、動作の場所は「에서」を使います。
例① 학교에서 공부해요. (学校で勉強します)
例② 식당에서 먹어요. (食堂で食べます)

「에」と「에서」の使い分けは、日本語の「に」と「で」の使い分けとほぼ同じです。
存在の場所「에」を使う動詞は少ないので、出てきた時に、セットで覚えましょう。
それ以外は、すべて、動作の場所「에서」です。

 

※ ポイント


韓国語の文法も、日本語とほとんど同じ物がたくさんあります。
同じ時は、直訳で大丈夫です。
日本語と違う時に、その部分を、しっかり頭に入れるようにしましょう。

 

ブログ一覧