Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//3課 これは何ですか 【文法(指示詞)】

韓国語講座

3課 これは何ですか 【文法(指示詞)】

文法

1 指示詞(こ・そ・あ・ど)一覧

 

    これ 이것     この 이      ここ 여기

    それ 그것     その 그      そこ 거기

    あれ 저것     あの 저      あそこ저기

    どれ 어느것   どの 어느    どこ 어디

 

  것 は「物」という意味です。

  「이」が「この」、「것」が「物」なので、「이것」で「この物」⇒「これ」になります。

 

2 疑問詞

    何  무엇

    どこ 어디

    誰  누구

      ※「誰が」は「누구가」とならず、「누가」となります。

 

3 縮約形

  ①것 は、会話では、거 になります。

  「これ、それ、あれ」も縮約されて、

 

    이것  ⇒ 이거

    그것  ⇒ 그거

    저것  ⇒ 저거

 

  となり、「これは、それは、あれは」「これが、それが、あれが」も、

  会話では縮約されます。

 

              +은           +이

    이것    이것은⇒이건    이것이⇒이게

    그것    그것은⇒그건    그것이⇒그게

    저것    저것은⇒저건    저것이⇒저게


  縮約のしかたは、

    이것은 → 이거은 → 이건

    이것이 → 이거이 → 이게

  となっています。

 

  ②「私の物、誰のものですか」なども縮約されて、

    나의 것  ⇒  내 거[내 꺼]

    누구의 것이에요 ⇒ 누구 거에요[누구 꺼에요]

 

  ③「무엇(何)」も会話では、

    무엇 ⇒ 무어 ⇒ 뭐

  となります。

 

  ④「何ですか、何が」も会話では縮約されます。

    무엇이 ⇒ 뭐가

    무엇이에요 ⇒ 뭐예요

 

ポイント・注意点①

  韓国語の指示詞は、日本語の「こ・そ・あ・ど」と、使い方はほぼ同じです。


話し手と聞き手が、同じ場所にいる時は、

    二人から、近い場所⇒「こ」

    二人から、少し離れた場所⇒「そ」

    二人から、離れた場所⇒「あ」


  話し手と聞き手の間に、距離がある時、

    話し手に近い場所⇒「こ」

    聞き手に近い場所⇒「そ」

    どちらからも遠い場所⇒「あ」

 

  この使い方が基本で、韓国語も同様ですが、しかし、日本語には、例えば、

  「ハングルちゃんっていう韓国語教室、知ってる」の質問に対し、

  「知らない。その教室はどこにあるの?」

  「知ってる。あの教室、評判いいよね」

  などと、対話中の話題の物や人に対して、「そ」を使ったり「あ」を使ったりします。


  使い分けは、聞き手が知らない時は、「その教室」と言います。

  「知らないよ。あの教室はどこにあるの?」は変ですよね。

  また、お互いが知っている時は、通常「あ」を使います。

  指さすニュアンスで「その教室、知ってるよ、新大久保にある教室でしょ」

  という言い方もできますが、2人の共通知識という時には、

  「今晩、また行きませんか? あそこ」

  「いいね、いいね、いつものあの店ね」

  というように、日本語では「あ」を使いますが、

  この『共通知識の「あ」』の使い方が、韓国語にはありません。

  全て、指さして示す感じの「그(その)」になります。

 

  また、「あの頃はよかったなあ」という、過去を思い出しながら話す『過去回想』は、

  日本語では「あ」を使いますが、韓国語では「그(その)」を使います。

 

  ポイント・注意点②

  日本語の疑問詞の「どこ」には、

    会社はどこですか?

    どこの大学?

  のように、場所を聞くのではなく、会社名や大学名を聞く使い方もありますが、

  韓国語の「어디(どこ)」には、この用法はありません。

 

  指示詞(こ・そ・あ・ど)の使い方、日本語と韓国語、だいたい同じですが、

  少し違うところもありますので、注意しながら、練習してください。

 

ポイント・注意点③

  疑問詞の直前の助詞は、何も前提なしで話す時、日本語では「は」を使いますが、

  韓国語では、日本語の「が」に当たる 가/이を使います。注意してください。

  ただし、日本語の「は」に当たる 는/은 には、対比の用法があり、

  対比の時には、日本語と同じで、는/은 を使います。

 

  日本語と韓国語、「は」「が」「を」「に」など、助詞の使い方もほぼ同じですが、

  時々違うところがあります。 違うところをしっかり覚えて、練習しましょう。

 

ポイント・注意点④

  名詞と名詞の間に入る助詞、日本語の助詞「の」の役割をするのが、韓国語では「의」です。

  「의」は、助詞として使われる時は、発音が[에]になります。

  日本語では、助詞「の」が省略されるのは、

  名詞+名詞で、ひとつの固有名詞になる場合のみですが、

  韓国語では、省略されることが多く、所有を表す場合も、省略可です。

 

ポイント・注意点⑤

  「私の物」に当たる、나의 것 は、縮約されて、내 것[내꺼]となります。

  会話(口語)では、さらに、것 のパッチムが脱落して、내 거 となります。

  この、내 것 あるいは、내 거 、若い人を中心に、発音通り、내꺼と書くことが多いです。

  「私の物も」に当たる 나의 것도 も、若い人たちは、내꺼도 と書きます。

  発音は、[내꺼또] です。

  そのため、これも、実際の発音に合わせて、내껏도 と書く人も多いです。

  また、나 の謙譲表現の 저 を使った、「わたくしの物」저의 것 、

  これも、재 꺼 と、普通に、皆、使っています。

 

ブログ一覧