Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//5月15日は先生の日です

韓国の暮らし【教育・学校】

5月15日は先生の日です

韓国では、5月15日は、스승의 날(先生の日)です。

스승は、先生というより、師匠の意味に近いですが、先生も師匠です。

 

先生の日は、普通、授業はなく、講堂でイベントを行ったり、

クラスで、お菓子を食べたりします。

 

クラスによっては、みんなで先生の似顔絵を書いたおそろいのTシャツを着て、

サプライズをすることもあります。



とにかく、先生の日は、授業はしないで、いっしょに遊びます。

 

また、先生の日にも、カーネーションを贈ります。

 

韓国では、家では父母が教え、学校では先生が教えると言います。

そのため、先生にもカーネーションです。



また、先生の日の歌もあります。

みんなで、先生に感謝の歌を歌います。

 

そして、生徒の父母は、先生に贈り物を贈ります。

この贈り物には、賄賂の意味もあります。

贈り物と言っても、現金が一番多いのですが。

 

贈り物の現金を촌지(寸志)と言います。

この촌지(寸志)を贈る父母が多いため、一時期、

先生の日は、学校を休みにしていました。

 

でも、それでは先生に失礼だということで、

その日、学校は行きますが、촌지(寸志)は禁止という通達が出ます。

 

それでも、父母としては、何もあげないわけにはいかず、

小さな贈り物とかを、相変わらず、こっそり贈っているらしいです。

ブログ一覧