Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//風邪でもすぐ病院に行きます

韓国の暮らし【病院・病気・薬】

風邪でもすぐ病院に行きます

韓国では、病院へ行くと、注射を打たれることが多いです。

https://hanguruchan.com/2020/12/03/993646/

熱がある時だけでなく、

肩がとても凝った時も、皮膚がかゆい時も、注射をします。

 

また、筋肉注射は、お尻に打ちます。

https://hanguruchan.com/2020/08/01/98765458/



注射に対する感覚が、日本とは、ちょっと違います。

 

韓国では、風邪とかで熱がある時、病院に行って注射を打ってもらうと、

簡単に熱が下がります。

だから、風邪でも、病院に行きます。

 

病気なのに、病院へ行かないのは、

病気をわざわざ育てて大きくするだけだと考えます。

 

だから、すぐ行きます。

 

そして、注射で風邪の症状を治してもらいます。

 

でも、アメリカや日本は、ちょっと違うようです。

 

以前、私は、アメリカに住んだことがあるのですが、

その時に、風邪で病院へ行きました。

 

医者は診察したあと「水をたくさん飲みなさい」と言って、

それで終わりでした。

 

「注射はないんですか」と聞いたら、

「入院するほどの病気じゃなければ注射はしない」と言われました。

 

そして、今は日本に住んでいますが、

日本でも、重い病気でなければ、簡単には注射をしませんよね。

 

はじめは、注射もしてくれないんじゃ、

わざわざ病院に行く意味がないと考えましたが、

だんだん体が慣れてきて、

今は、すぐ病院に行かなくてもいい体になりました。

 

注射に頼らないことで、体の治癒力が上がったんだと思います。

 

でも、韓国では、早く治してくれる医者がいい医者だと考えます。

 

熱があっても注射1本で、本当にすぐ下がります。

 

ただ、それで風邪や病気が本当に治るわけではないので、

またすぐ上がってしまうこともあります。

 

でも、そんな特効薬をいつもいつも打っていたら、

特効薬なしでは、風邪も治らない体になってしまうのかもしれません。

 

韓国人は、病院に行きすぎだと思います。

 

最新の資料がないので、よくわかりませんが、

国民1人当たりが、病院に行く回数は、世界一ではないかと思います。

 

2009年のOECDの資料では、1年間に病院へ行く回数は、

日本人が13.2回で、韓国人が13.0回でした。

 

しかし、韓国人は、その後も通院回数が大きく増加しているそうですから、

今では、世界一、病院に行く国民になったことは、間違いないと思います。

ブログ一覧