Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//自殺率が世界一です

韓国の暮らし

自殺率が世界一です

有名芸能人が自殺をするたびに、日本でもニュースになるので、

韓国人の自殺については、ご存じの方も多いと思いますが、

韓国で自殺するのは、有名タレントだけではありません。

 

韓国の人口当たりの自殺率は世界一です。

 

日本は、2011年をピークに、自殺者がどんどん減っているそうですが、

韓国も同じで、自殺者数は、2010年頃がピークでした。

 

ピークの時の自殺者数が、日本は3万人を越えていましたが、

昨年、2018年には、2万人ちょっとだったので、30%以上も減りました。

自殺を減らす取り組みを、熱心に行った結果ですよね。

 

韓国はピーク時に年間で約1万5千人でしたが、

2017年には1万2千人ほどに下がりました。

 

自殺者数は日本の半分ほどですが、人口が日本の40%くらいですから、

人口10万人当たりで比較すると、

ピーク時の自殺率が、韓国が31.7人、日本が25.8人となります。

その後、だいぶ改善されて、韓国24.3人、日本16.3人になっています。

 

韓国の自殺率は、先進国の集まりであるOECD加盟国でずっと1番でした。

現在は、リトアニアより下がって2番になりましたが、

自殺率が高いことには変わりません。

 

韓国では、1990年頃には年間の自殺者は3千人ちょっとでした。

しかし、その後の20年の間に自殺する人が5倍になりました。

 

昔は親にもらった命を自分から捨てるなんて、考えられなかったのですが、

有名タレントの自殺もあって、

なんか簡単に自殺する国になってしまった感じがします。

ここでも、1980年代までは、はるか上にいた日本を追い抜いてしまいました。

 

自殺の理由としては、

10代は、学業や交友関係

20代~30代は、長期の失業

40代~50代は、子供の教育費の負担

などが主な原因と言われています。

 

日本では、

10代は、学校問題、健康問題

20代~50代は、健康問題、経済・生活問題

60代は、健康問題

となっていて、日本は健康問題で自殺する人が多く、

韓国はお金の問題で自殺する人が多いようですね。

 

統計資料としては、OECD加盟国のものしかありませんが、

OECD国以外で、自殺の多い国は聞いたことがないので、

ほぼ間違いなく世界一です。





OECD主要国 自殺率 推移

自殺率は、人口10万人当たりの自殺者数で、

赤線が韓国、オレンジが日本、青がフィンランド、水色がアメリカ、緑が平均、

灰色がイギリスです。

 

韓国では、90年代前半までは、自殺者はそれほど多くなかったのですが、

高度成長期を過ぎて以降、どんどん自殺率が上がってきました。

90年代でも、97年が飛び出て高いのは、その年に、経済危機があったからです。

外貨危機、IMF時代です。





人口10万人当たりの自殺率、

上から、韓国、ハンガリー、日本、ポーランド、フィンランド、アメリカ、スイス、

平均、スウェーデン、ドイツ、オランダ、イタリア、トルコです。

 

韓国では、経済状況と比例して、自殺率が上がります。

韓国では、貧富の差が大きいです。

一部大企業勤務の社員か、企業経営者以外は、みな、経済的に家計は大変です。

 

少し話が変わりますが、

例えば、韓国の幼稚園は、ソウル市内では園庭のないところも多く、

日本だったら、幼稚園と認定されないようなところもあります。

それでも、学費は日本以上です。

日本の1.5倍から2倍くらいです。

でも、幼稚園の先生の給料は安いです。

つまり、儲けているのは、経営者だけです。

経営者が大儲けして、あとは、先生たちも、園児の父兄も、み~んな大変です。

あまりに親の負担が大きいので、国から親に補助が出るのですが、

国は、幼稚園の経営状況を調べて、改善させるようなことはしません。

国の政策は、結局、お金持ちに税金を回す政策です。

 

韓国は、お金持ちには、とても暮らしやすい国ですが、

庶民には、とても暮らしにくい国です。

韓国の自殺者の、およそ4人に1人が、経済的問題から自殺しています。

 

また、韓国で多いのが、老人の自殺です。

経済的に生活できないと、自殺します。

これも韓国特有の状況です。

 

そして、タレントの自殺にもありますが、

うつ病など、精神的問題からの自殺もとても多くて、3人に1人以上になります。

 

精神病というと、頭のおかしい人、気の狂った人、そんな悪いイメージがあり、

うつ病になっても、周囲の理解が得られず、病院にも行けず、

どんどん病状が悪化して、自殺に至ってしまいます。

 

うつ病も、病気のひとつで、風邪や、生活習慣病と同じで、

病院に行って、お医者さんの言うこと聞いて、薬を飲んで治せば、治るものだ、

そういう社会的認識が、まだまだ足りません。

 

韓国では、自殺を減らすために、

うつ病は、ただの病気であることを、知ってもらう、

そんな取り組みを行っています。

そして、積立年金のない老人たちに、

基礎年金として、政府が、毎月、生活費を渡しています。

 

その成果があったのか、この10年で、老人の自殺率が下がりました。

韓国の自殺者が減ったのは、老人の自殺が減ったことが大きいです。

 

しかし、一番の問題は、恐らく、韓国人が、

必要以上に、周囲の目を気にすることでしょう。

 

他人と必要以上に比較し、少しでも違うと、

あれこれ、ケチをつけたり、妬んだりします。

ファッションにしても、流行に乗ってないと、あれこれ言う人が多くて、

それが面倒でうるさいから、

自分は流行に乗りたくないけど、あれこれ言われないために、

とりあえず流行に乗る人も少なくありません。

 

歳相応に、いい家に住んで、いい車に乗っていないと、

周りがうるさくて面倒だから、それで、無理していい車に乗る人もいますし、

中には、大企業に勤めていたのに、周りを気にしながらの生活が嫌で、

周りに合わせるのが嫌になって、海外に移民しちゃう人もいます。

 

自分は自分、他人は他人では生きられない、

そんな、社会的風潮が、社会的弱者を、自殺に追いやっている、

そんな批判も、このところ、聞かれるようになりました。

 

自殺率世界一、この社会的問題を、どう解決すればいいのか。

 

2011年をピークに、自殺率は、徐々に減っています。

ピークから20%近く減りました。

それでも、ほぼ世界一なんですけど。

 

政府の目標は、2022年に、今の日本のレベルである、

10万人あたり、17人ですが、おそらく達成できないでしょう。

ブログ一覧