Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ハングルは「子音+母音」発音記号の組合せ〔音節表/反切表〕

ハングル初歩(文字・発音)

ハングルは「子音+母音」発音記号の組合せ〔音節表/反切表〕

投稿日:2023年5月21日 | 最終更新日:2023年11月1日

韓国語の文字であるハングルは発音記号です。子音と母音の記号が組み合わさって文字になっています。文字には子音ひとつと母音ひとつが必ず入ります。そのような「子音+母音」だけの文字と、そこにもうひとつ子音(パッチムと言います)を入れた「子音+母音+子音」という形の文字があります。
ハングルの母音の数は「基本の母音」と「合成母音」を合わせると21個、子音の数は「平音」「激音」「濃音」合わせて19個です。そこにパッチムが入るので、文字としての組み合わせは論理上膨大な数になりますが、すべての形が使われているわけではありません。

目次 ▼

1 韓国語の文字を「ハングル」と言います。

日本語の文字が「ひらがな」「カタカナ」であるように、韓国語の文字が「ハングル」です。

ハングルは、発音記号の組み合わせです。

記号みたいに見えるのは、元々記号だからです。

子音と母音を組み合わせて、ひとつひとつの文字にしています。

ハングルには子音と母音があります。たとえば、日本語の「か」は、アルファベットで書くと、子音の「K」と母音の「A」を合わせて「KA」です。ハングルでは、Kが「ㄱ」、Aが「ㅏ」、組み合わせてひとつの文字「가」になっています。

「子音+母音」の文字に、もうひとつ子音を入れることができます。

例えば「KAK」とか「KAN」です。「KAK」は「각」、「KAN」は「 간」となります。「子音+母音」でできた文字の下に子音をもうひとつ入れます。下に入れるので「下敷き」という意味の「バッチム」と言います。

「バッチム」は「子音だけの音」です。

パッチムのない『子音+母音』、あるいはパッチムの入った『子音+母音+子音』の文字がハングルです。

2 ハングルには母音の組み合わせが21個と子音が19個あります。

その母音と子音を組み合わせて文字にします。

母音は、基本の母音10個、合成母音が11個で計21個

子音は、平音9個、激音5個、濃音5個の合計19個あります。

3 日本語の「あいうえお表(五十音)」に当たるものは、「音節表」または「反切表」と言います。

母音は「基本の母音」、子音は「平音と激音」のみの組み合わせ表です。
横が母音(あいうえお)、縦が子音(あかさたなはまやらわ)です。
横が10個、縦が14個なので、全部で140個の組み合わせです。
しかし、実際には、ほとんど使われていない組み合わせ(文字)もあって、ここに載っている文字のすべてを使っているわけではありません。

横の母音には「合成母音」もありますし、縦の子音には「濃音」もあります。

ですので、理論上は母音21個✕子音19個=399個の組み合わせ(文字)が可能となり、更に、各文字には、もうひとつ子音(パッチム)を入れることができるので、その組み合わせは限りがないくらいです。

韓国語講座1 ハングル「基本母音」へ

※ 韓国語(ハングル)の【文字・発音】総整理

韓国語の『文字』『発音』について、わかりやすく解説しています。
これから学習する方、あるいは今まで学習した中で、よくわからないところ、不安のある方は、こちらの徹底解説で、しっかりと頭の整理をしておいてください。
韓国語のまとめ「文字・発音」編

☆ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
ハングルちゃんは
① リーズナブルな料金システム
② 講師は全員韓国生まれ韓国育ちの優しい韓国人
③「話せるように」を目標とした会話中心のレッスン
④ 防音設備の整った清潔な教室
オンラインレッスンも可能です。

ブログ一覧