Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国語講座1 基本母音

韓国語講座

韓国語講座1 基本母音

ハングル文字の仕組み
ハングル文字は、簡単に言うと、発音記号の組み合わせです。
記号みたいに見えるのは、元々記号だからです。
記号には子音と母音があり、子音と母音を組み合わせて、ひとつひとつの文字にしています。

たとえば、「か」は、アルファベットで書くと、子音のKと母音のAを合わせて「KA」ですね。
ハングルでは、その「KA」でひとつの文字「가」になっています。
そんな『子音+母音』、あるいは『子音+母音+子音』の文字がハングルです。

基本母音
ハングルの基本母音は10個あります。
基本の母音だけで10個なんて、そんなにたくさんあるの! そう思うかもしれませんね。
日本語は「あいうえお」と、母音が5つしかありませんから、とても多く感じますよね。

でも、基本母音10個の中には「や」とか「ゆ」とか「よ」のような、日本語なら「子音+母音」と考えるものも入っています。
そのため、ちょっと多く感じてしまいます。

もちろん、日本語にはない「母音」もありますから、それは、しつかり身に着ける必要があります。

では、ひとつひとつ学習していきましょう。

ハングルですが、ひとつひとつの記号は、口の形を元にして作られています。
母音でいうと、
①縦長のものは、口を大きく開け、「あ」の口で発音します。
②横長のものは、口を横に広げて、「い」の口で発音します。
③丸い形のものは、口をすぼめて丸くして、ちょっと突き出すように、チューの形で発音します。
このみっつの形を、覚えてください。

ですので、発音する時は、文字の形にも注目しながら、口を動かしてください。基本の母音です。
「ㅏ」「ㅑ」「ㅓ」「ㅕ」「ㅗ」「ㅛ」「ㅜ」「ㅠ」「ㅡ」「ㅣ」

ただ、これだけでは記号で、文字ではないので、「ㅇ」をつけて文字にします。
「ㅇ」は、子音としては、「無音」となります。

「아」「야」「어」「여」「오」「요」「우」「유」「으」「이」

これで文字になりましたが、ここで「ㅇ」の位置が違いますね。
縦長文字では左に書き、横長文字と口すぼめ文字では、上に書きます。

また、順番も重要です。
日本語の「あいうえお」と同じで、辞書を引く時もこの順番です。
最近は電子辞書ですけど、順番が重要なことには変わりません。

発音ですが、
①「아」は、日本語の「ア」とほぼ同じと考えていいです。
②「야」は、日本語の「ヤ」とほぼ同じと考えていいです。

③「어」は、「あ」の口で「オ」と発音します。「ア」と「オ」の中間のような音になります。
④「여」は、「あ」の口で「ヨ」と発音します。「ヤ」と「ヨ」の中間のような音になります。

⑤「오」は、日本語の「オ」に近いですが、日本語よりももっと口をすぼめて発音します。日本語の「オ」より、ちょっとくぐもった音になります。
⑥「요」は、日本語の「ヨ」に近いですが、日本語よりももっと口をすぼめて発音します。日本語の「ヨ」より、ちょっとくぐもった音になります。

⑦「우」は、日本語の「ウ」に近いですが、日本語よりももっと口をすぼめて発音します。
⑧「유」は、日本語の「ユ」に近いですが、日本語よりももっと口をすぼめて発音します。

⑨「으」は、口を横に広げて、「い」の口で「ウ」と発音します。
「이」は、日本語の「イ」とほぼ同じと考えていいです。

最後の「이」は、文字の形は縦長ですが、例外で、日本語と同じ「イ」の口です。

基本母音は、口の形をしっかり作って発音すれば、日本人にとって難しいものはありません。
しかし、「어」と「오」、「여」と「요」、「우」と「으」の聞き取りは、はじめは大変かもしれません。
何度も発音しながら、自分の耳に刷り込んでください。

では、単語で練習してみましょう。
 1 아이 子供
 2 우유 牛乳
 3 오이 きゅうり
 4 여우 きつね
 5 이유 理由
 6 여유 余裕

※ 単語を覚えてくださいということではありません。
意味のないものを読んでも意味がないので、意味のある言葉で読む練習をしましょう。

☆ 発音のポイント
口の形が大切です。
① 口を縦に開ける
② 口を横に広げる
③ 口をすぼめる
このみっつを、しっかりと意識して、練習してください。

目次

ハングル講座 基本母音編

韓国語初歩者のための韓国語講座、ここでは、基本の母音を学習します。

ブログ一覧