Column コラム

Column

HOME//コラム//韓国語で「あけましておめでとう」使い方と発音のコツ徹底解説![音声付き]

韓国語の「あいさつ言葉」

韓国語で「あけましておめでとう」使い方と発音のコツ徹底解説![音声付き]

投稿日:2023年5月17日 | 最終更新日:2023年12月22日

韓国でも新年の挨拶は決まっています。日本では年が明けてから「あけましておめでとうございます」と言いますが、韓国では年明け前も年明け後も同じあいさつ表現です。ひとつだけですので覚えてしまいましょう。そして発音のコツもお教えしますので、コツをつかんで、いい発音で新年の挨拶をしてください。

目次 ▼

1 「明けましておめでとうございます」は「セへ ボッ マニ パドゥセヨ(새 해 복 많이 받으세요)」

〔画像出典 : KBSチャンネル〕

「セへ ボッ マニ パドゥセヨ(새 해 복 많이 받으세요)」

単語を見てみると
セへ(새 해)が「新年」
ボッ(복)が「福」
マニ(많이)が「たくさん」
パドゥセヨ(받으세요)が「もらってください」
なので、直訳すると「新年 福をたくさんもらってください」となりますが、「新年もよい年になりますように」という感じです。
挨拶表現ですので、このままのフレーズで覚えてしまいましょう。

「よいお年を」も同じ

「セへ ボッ マニ パドゥセヨ(새 해 복 많이 받으세요)」です。
日本では年が明ける前と明けてからで挨拶の言葉が変わりますが、韓国は同じです。

発音のコツ

「ボッ」は「ぽっきり」と言おうとして「ぽっ」で止めます。
しかし、人によっては「ボッ」と「マニ」を続けて発音して「ボンマニ」と発音する人も多いです。その場合の「ボン」は「ぼんやり」と言おうとして「ボン」で止めて、すぐ「マニ」と続けてください。「マニ」は「マー二」と、やや伸ばしてもかまいません。「た~くさん」のようになります。
「セへ ボンマニ パドゥセヨ」となります。他はカタカナ発音でだいたい通じます。

「福」に当たる「ボッ(복)」は、厳密には「ポ」と「ボ」の中間音です。単独で発音する時は「ぽっきり」と言おうとして「ぽっ」で止めてください。

2 書き言葉は「謹賀新年」「クナシンニョン(근하신년)」

「クナシンニョン(근하신년)」は漢字の「謹賀新年」です。ハングル読みして「クナシンニョン」です。

3 若者たちの「あけおめ」は「セボッマン」


「セ ボッ マン(새복많)」は、「セへ ボッ マニ パドゥセヨ(새 해 복 많이 받으세요)」の略です。
発音は、途中で切らずに「セボンマン」となることが多いです。
日本人が「あけましておめでとう」を略して「あけおめ」と言うのと同じ感覚です。
ラインやカカオトークでも使いますし、挨拶言葉として話す時もこの省略形で話します。

「チュルソル(즐설)」とも言う

「チュルゴウンソル(즐서운 설)」「楽しい正月」の略です。

「チュソク(추석)」には「チュルチュ(즐추)」

「チュソク(추석)」は漢字で「秋夕」と書きます。簡単に言うと「お盆」です。日本は仏教なので「お盆」ですが、韓国は儒教なので「チュソク(추석)」です。
韓国の「お盆」、「秋夕(チュソク)」について

4 韓国では新暦(陽暦)と旧暦(陰暦)、お正月が2回あります。

日本は、今は全て新暦を使いますが、戦前まで旧暦をたくさん使っていました。日本だけでなく、江戸時代頃までは、東アジアは中国中心の世界でしたから、日本も韓国も、カレンダーは中国歴である旧暦(陰暦)でした。

韓国では伝統的な行事は今も旧暦(陰暦)で祝う

ですので旧正月がメインの正月です。韓国人にとって、正月(ソル・ソルラル)と言えば「旧正月」です。

新暦の正月(1月1日)には特別な行事はない

でも新年の挨拶はします。ですので短期間に2回の正月があり、そのたびに正月の挨拶をします。

新暦の正月も、旧暦の正月も「セへ ボッ マニ パドゥセヨ」

たくさん言っても別に悪い言葉ではないので、たくさん言って、たくさん聞いて、福をたくさんもらいます。

5 フレーズで覚えてしまいましょう。

音声で聞いて、耳から覚えてしまいましょう。そうすれば韓国行っても使えますし、ドラマでも聞き取れるようになります。

韓国語の挨拶表現、自己紹介、旅行で使える表現を、ぜひ一緒に見ておいてください。そして、使えそうな表現は例文を丸々覚えて、韓国へ行った時に使ってみてください。言葉が通じると楽しいですし、ドラマを見て聞き取れるとうれしいですよね。
韓国語でなんて言うの?「目次」へ

※ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんがおすすめ!
その理由を紹介します。

リーズナブルな料金体系で入会金も無料

入会時にレッスン代とは別にお支払いいただく費用はありません。

グループレッスンは定員6名、月に4回で総額3,800円

レッスンは毎週同じ曜日の同じ時間にあります。
新規の生徒さんにはレベルチェックを行っていますので、レベルの合わない生徒さんが同じクラスに入るということはありません。
振替は月に2回まで可能です。

プライベートレッスンは、月に4回の場合総額14,500円

通い方は自由です。月に1回でも10回でも、毎週同じ曜日の同じ時間でも、まったくばらばらでもかまいません。
予約の変更、キャンセルは前日までにご連絡いただければ、手数料は一切かかりません。
また、ご友人の方と2人、3人、4人でいらしていただくことも可能です。
その場合のレッスン代の総額は、おひとりの時と同じです。つまりタクシーに乗るような感じをイメージしてください。総額が変わりませんので、たとえば2人で受けて割り勘すれば、14,500円の半額、7,250円となります。

会話重視で「話せるようになる」を目標にしたレッスン

レッスンで習ったことは、講師は韓国語で話すので、初級のテキストが終わるころには、レッスンはほぼ100%韓国語になっています。

講師は全員韓国生まれ韓国育ちのネイティブ講師

全員きれいな標準語を話す20代から40代の優しい講師陣です。日本語ももちろん上手で、ほぼ全員が韓国語教員資格証を持っています。

防音設備の整った清潔な教室

静かできれいな教室で、落ち着いて勉強できます。

体験レッスンも無料

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
オンラインでのレッスンも可能です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。