Column コラム

Column

HOME//コラム//韓国語で「むかつく」「腹が立つ」8選 使い分けを徹底解説!

気になる韓国語の「単語・表現」

韓国語で「むかつく」「腹が立つ」8選 使い分けを徹底解説!

投稿日:2023年5月13日 | 最終更新日:2023年12月22日

怒るという意味の表現には、「怒る、いらつく、むかつく、うざい」等々、日本語にも様々な言葉がありますが、韓国語も同様です。ここでは、そんな「怒り」に関する言葉をご紹介します。

目次 ▼

1「怒る」は「ファガナダ(화가 나다)」

韓国では「怒り」は「火」で表します。「ファ(화)」が「火」という意味の言葉(単語)で、「ガ(가)」が助詞の『が』、「ナダ(나다)」が「出る」ですので、「ファガナダ(화가 나다)」は「火が出る」で「怒る」となります。助詞は省略可能です。会話では「ファナダ(화나다)」というのが一般的です。
また「ナダ(나다)」は会話の言い切りの形では「ナンダ(난다)」になります。

「ファルルネダ(화를 내다)」

ファネジマ‼ (怒りを出さないで/怒らないで) 〔画像出典 : SBSチャンネル〕

他動詞になります。「ルル(를)」が助詞の『を』、「ネダ(내다)」が「出す」、直訳すると「火を出す」です。「火」が「怒り」ですから、「怒りを出す」、「怒る」となります。
助詞を省略して「ファネダ(화내다)」とも言います。

「とても~」と言いたい時

「とても」「本当に」と強調する時は、日本語同様、形容詞の前に副詞をつけます。
アジュファガナダ(아주 화가 나다)
→ とても怒りが出る
ノムファガナダ(너무 화가 나다)
→ 怒りが出すぎ、めっちゃ怒りが出る
チンチャファガナダ(진짜 화가 나다)
→ ホント怒りが出る
チョンマルファガナダ(정말 화가 나다)
→ 本当に怒りが出る

「とても」の意味では「アジュ」が基本ですが、やや文語的ニュアンスのため、『パンマル(ため口)』とはバランスが合いません。
「ノム」は、会話でよく使われる形ですが、本来はマイナスを強調する副詞です。それが最近は強調の意味で使われるようになりました。
「チンチャ」「チョンマル」は、どちらも「ホントに」という意味の副詞で、「チョンマル」のほうが丁寧なニュアンスですが、発音がやや難しいため、使う時には「チンチャ」をお勧めします。

更に詳しいことは、こちらを参照ください。
韓国語で「とても~/本当に~」

2 「強い腹立ち」は「ヨルパッタ(열받다)」

「ヨル(열)」は漢字語で「熱」、「パッタ(받다)」が「受ける」なので、直訳すると「熱受ける」となります。
他人、あるいは、ある事から「熱」、つまり「腹の立つようなこと」を「受ける」ということで、「腹立つ」「むかつく」の意味となります。外部からの刺激で腹が立った時に使います。
「受ける」は本来他動詞ですが、「熱受ける」で慣用表現となり、自動詞のように使います。

「むかつくね」「ヨルパンネ」

「急に熱がぱっと受けるね」⇒「急にむかつくね」 〔画像出典 : MBCチャンネル〕

「怒り」は「火」なので、テロップにはたいてい炎がつきます。
「ネ」は、日本語の「ね」とほぼ同じです。

過去形は「ヨルパダッタ(열받았다)」

エリス むかついた‼ 〔画像出典 : Aチャンネル〕

会話で話す時は「ヨルパダッソ(열받았어)」を使います。

「ル」の発音は「L(エル)」音

舌を上の歯の付け根につけるだけです。「ル」の音は出さなくていいです。韓国語の発音に慣れていないと「ヨ・パッタ」「ヨ・パンネ」のように、「ル」の部分はよく聞き取れないと思います。

3 「強いいらいらが出る」「チャジュンイナダ(짜증이 나다)」

「チャジュン(짜증)」が「いらつき」「むかつき」、「イ(이)」が助詞の『が』、「ナダ(나다)」が「出る」、心の中から「いらつき」や「むかつき」が「出る」で、「いらつく」「むかつく」という意味になります。
日本語と同じで、会話では助詞は省略されることが多く、「チャジュンナダ(짜증 나다)」となります。
女性がよく使う表現です。

会話では「チャジュンナ(짜증나)」

「アイゴ~チャジュンナ チンチャ」「ア゛~ いらつくホントに」 〔画像出典 : SBSチャンネル〕

아이고(アイゴ)の「고」を「C」で表記しています。「고」とならずに「ク」のような発音になっているからで、バラエティー番組ならではの表記です。

「チンチャ チャジュンナ」はひとつのフレーズで覚えてしまってもいいと思います。

丁寧形は「チャジュンナヨ(짜증나요)」

本当にいらつきます。〔画像出典 : JTBCチャンネル〕

「ヨ(요)」が日本語の『です・ます』に当たります。

「チャ(짜)」は喉を詰めた感じの音

『濃音』と言います。「ッチャ」のような感じです。韓国語の「チャ」には、みっつの音があります。普通の「チャ」、息を強く吐きながら発音する「チャ」、そして、喉を詰めた音「ッチャ」です。
「チャジュンナ(짜증나)」の「チャ」は、喉を詰めた音「ッチャ」です。

4 「いらいらが出る」「シンギョンジリナダ(신경질이 나다)」

「シンギョンジル(신경질)」は、漢字の言葉で「神経質」ですが、日本語とは意味が違って「気に障ることでいらいら」というような意味です。「イ(이)」が助詞の『が』、「ナダ(나다)」は「出る」で、「いらつく」「むかつく」という意味になります。
日本語と同じで、会話では助詞は省略されることが多いです。「シンギョンジルナダ(신경질 나다)」、「ル」は「L(エル)」音です。
女性がよく使う表現、というより、男性はほとんど使わない表現です。

会話では「シンギョンジリナ(신경질이나)」

あまりにたくさんの人が好きで、いらつきます(ここでは嫉妬のニュアンスです)。〔画像出典 : MBCチャンネル〕

「チャジュンイナダ(짜증이 나다)」よりも「いらつき」の度合いは低いです。
上の画像でもテロップに炎がついていません。

5 「とても腹が立つ」「ソンジルナダ(성질나다)」

1の「ファナダ」「ファネダ」と同じで、「出る」と「出す」があります。他動詞「出す」を使うと、「ソンジルネダ(성질내다)」になります。「ファナダ」「ファネダ」より強い怒りです。

「ソンジル(성질)」を「怒り」の意味で使う

なんで私にソンジルだ? 〔画像出典 : KBSチャンネル〕

「なんで俺に怒るんだ」「怒りの矛先が違うだろう」という意味です。

6 「いらいらさせられる」「ヤゴルダ(약오르다)」

侮辱されたり、腹立たしいことをされて、いらつくことを「ヤゴルダ(약오르다)」と言います。

「いらつかせる」は「ヤゴルリダ(약올리다)」

これも「ヤゴルリダ(약올리다)」」です。 〔画像出典 : SBSチャンネル〕

ひどい侮辱から冗談まで「ヤゴルリダ(약올리다)」の程度は様々です。

「ヤゴルダ(약오르다)」も程度は様々

〔画像出典 : KBSチャンネル〕

上の画像で「ノイドゥル(君たち)‼」と言いながら指でいらつかせる態度に、下の画像で「ヤゴルジロン(いらつくじゃないよん)」と言っています。
相手は先輩だしバラエティー番組なので、半分冗談での半泣きになっています。実際にはたいしていらついていません。「ヤゴルジロン(いらつくじゃないよん)」と冗談っぽい表現をしていることからもわかります。

7 「頭がおかしくなりそうだ」「ミッチゲッタ(미치겠다)」

「ミッチダ(미치다)」が「頭が狂う/頭がおかしくなる」、「ゲッ(겠)」が『推量』の意味なので「頭が狂いそうだ/頭がおかしくなりそうだ」という意味になります。
「ね」をつけて「ミッチゲンネ(미치겠네)」「頭が狂いそうだよ」もよく使います。

「怒り」の場面以外でも使います。

ポゴシッポ ミッチゲッタ (会いたくておかしくなりそう)

おもしろすぎても使いますし、使われる場面が広いです。
例文で見てみますと、
ミッチンノム(미친 놈)
→ 狂った奴
ミッチョンニャ(미쳤냐)
→ 頭がおかしくなったか?!
ポゴシッポ ミッチゲッタ(보고 싶어. 미치겠다)
→ 会いたくておかしくなりそう
のような使い方もしますし、「ミッチダ」は韓国人がよく使う言葉のひとつです。

8 若者たちは「ッパクチダ(빡치다)」「ッチャンナ(짱나)」

「強い苛立ちが出る」という意味の若者言葉です。

9 韓国語に興味のある方はこちらもご覧ください。

自己紹介の表現、様々な挨拶表現、韓国に旅行に行った時使える表現等々、ぜひ一緒に見ておいてください。そして、韓国へ行った時に使ってみてください。言葉が通じると楽しいですし、ドラマを見て聞き取れるとうれしいですよね。
韓国語で何て言うの?「目次」へ

※ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんがおすすめ!
その理由を紹介します。

リーズナブルな料金体系で入会金も無料

入会時にレッスン代とは別にお支払いいただく費用はありません。

グループレッスンは定員6名、月に4回で総額3,800円

レッスンは毎週同じ曜日の同じ時間にあります。
新規の生徒さんにはレベルチェックを行っていますので、レベルの合わない生徒さんが同じクラスに入るということはありません。
振替は月に2回まで可能です。

プライベートレッスンは、月に4回の場合総額14,500円

レッスンは毎週同じ曜日の同じ時間にあります。
新規の生徒さんにはレベルチェックを行っていますので、レベルの合わない生徒さんが同じクラスに入るということはありません。
振替は月に2回まで可能です。

プライベートレッスンは、月に4回の場合総額14,500円

通い方は自由です。月に1回でも10回でも、毎週同じ曜日の同じ時間でも、まったくばらばらでもかまいません。
予約の変更、キャンセルは、前日までにご連絡いただければ手数料は一切かかりません。
また、ご友人の方と2人、3人、4人でいらしていただくことも可能です。その場合のレッスン代の総額は、おひとりの時と同じです。つまりタクシーに乗るような感じをイメージしてください。総額が変わりませんので、たとえば2人で受けて割り勘すると、14,500円の半額、7,250円となります。

会話重視で「話せるようになる」を目標にしたレッスン

レッスンで習ったことは、講師は韓国語で話すので、初級のテキストが終わるころには、レッスンはほぼ100%韓国語になっています。

講師は全員韓国生まれ韓国育ちのネイティブ講師

全員きれいな標準語を話す20代から40代の優しい講師陣です。日本語ももちろん上手で、ほぼ全員が韓国語教員資格証を持っています。

防音設備の整った清潔な教室

静かできれいな教室で、落ち着いて勉強できます。

体験レッスンも無料

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
オンラインでのレッスンも可能です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。