Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国人は疑い深いです。

韓国の暮らし【習慣・社会環境・社会問題】

韓国人は疑い深いです。

日本人に比べると、韓国人は、ずっと「疑い深い」民族だと思います。

 

逆に、韓国人から見ると、日本人はほんとに疑わないから、

あちこちでだまされるのではないかと思います。

 

それは、きっと、韓国のほうが人をだまそうとする人が多く、

日本人は正直な人が多いということかもしれません。

文化や価値観が違うんですね。

 

例えば、店で「これはカルビですよ」と言われても、

韓国人は、証拠がないと信じません。


だから、カルビは骨付きです。

骨がついてないとそれがカルビと信用できないからです。

 

もし法律で「骨付きをわざわざ輸入するのは無駄だからやめましょう」

と決めて、骨付きを禁止にしたら、

カルビじゃないのにカルビだと偽る店がいっぱい出ると思います。

 

ですので、アメリカ等から輸入する時も、わざわざ骨がついたまま輸入します。

捨てるためだけの骨ですが、お金をかけて輸入しています。

 

刺身も、本当に新鮮な魚を使っているかを韓国人に信用させるには

実際に生け簀から出して、さばくところを見せなければなりません。

 

ですので、韓国の刺身屋には、みんな生け簀があります。



生け簀がなかったら、いくら新鮮なネタを仕入れたと言っても、誰も信用しません。

 

そして、刺身屋で刺身を注文する時、私は「盛り合わせ」は絶対頼みません。

他の客が食べた残り物を、少しずつ混ぜてる店があるというのを、聞いたことがあるからです。



 

大統領の発言も、政府の発表も、韓国人は、文字通りには取りません。

何か裏があるはずだ。

そう考えます。

 

そして、日本政府の発表も、韓国人は、文字通りに解釈しません。

裏があるはずだと、疑って考えます。

ブログ一覧