Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国では、年が同じじゃないと友達と言いません

韓国の暮らし【生活習慣・一般常識】

韓国では、年が同じじゃないと友達と言いません

韓国では年が大事です。年が上なら「언니(オンニ、女性から見てお姉さん)」とか「누나(ヌナ、男性から見てお姉さん)」、あるいは「오빠(オッパ、女性から見てお兄さん)」「형(ヒョン、男性から見てお兄さん)」と言います。ドラマなどで「オンニ」や「オッパ」は聞いたことあると思います。恋人は、だいたい男性が年上なので女性は「오빠(オッパ)」と呼びますね。恋人じゃなくても女性から見て親しい年上男性はみんな「오빠(オッパ)」です。「お姉さん」「お兄さん」と呼ぶと、すごく親しく近い感じがします。ですから、本当の兄弟じゃなくても「お姉さん」「お兄さん」です。

ですので、本当のお姉さんは「친언니(チンオンニ)」「 친누나(チンヌナ)」、本当のお兄さんは「친오빠(チンオッパ)」「친형(チンヒョン)」と言います。친は漢字の言葉で「親」です。

また、そこまで親しくないときは「선배(ソンベ、先輩)」と言います。別に、同じ学校出身とか、同じ会社でなくても、「선배(ソンベ、先輩)」です。ですから、韓国人は初対面で、まず相手の年を聞きます。年を聞くのは、ある意味、名前を聞くより重要です。年を知らないと相手をどう呼べばいいかわからないからです。

また、同じ年でも、どちらが学年が先か、誕生日が先か確認します。1日でも早ければ、本当は「お姉さん」「お兄さん」です。でも、普通は、年が同じなら「친구(チング、友達)」です。つまり、韓国では、年が同じでなければ「친구(チング、友達)」ではありません。

逆に年上が年下を呼ぶときは、普通、名前で呼びます。他人に話すときは、「동생(トンセン、妹・弟)」です。そして、本当の「동생(トンセン、妹・弟)」は「친동생(チンドトンセン)」です。

また、韓国では、自分より年上の人を名前で呼ぶのは失礼です。それは、家族や親戚でも同じです。名前では呼びません。名前に「さん」などの敬称をつけてもダメです。

新大久保には韓国人がたくさんいて、韓国人の子供たちもたくさんいますが、日本の生活に慣れて、すっかり日本式の感覚の子と、新しく韓国から引っ越して来た韓国感覚の子がいます。新しく韓国から来た子は、年下の子に名前で呼ばれると激怒します。「~さん」でもダメです。そのため、日本式になじんだ子は、なんで名前を呼んだだけで相手が急に怒り出すのか意味不明、なんてことも、よくあるそうです。

ブログ一覧