Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//子供の私教育費が高すぎてプアーになります。

韓国の暮らし

子供の私教育費が高すぎてプアーになります。

베이비 푸어(ベイビープアー)のあと、子供が幼稚園、小学校、中学校、そして高校と進むと、

塾通いなどで、子供にもっとお金がかかります。

そして、에듀푸어(エデュプアー)になります。

 

「~(プアー)」という言葉は流行語で、最近、よく使われるのですが、

エデュは、Education(教育)の略です。



에듀푸어(エデュプアー)というのは、

子供の教育費のために、貧乏しているという意味ですが、ちゃんと定義があって、

『都市の2人以上世帯で、借金があり、収入より、支出のほうが多いにもかかわらず、

子供の教育費を平均以上使っている世帯』です。



韓国では、학원(塾・学院)などの私教育費がとても高く、社会問題になっています。

 

法律では、先行教育禁止ですが、実際には、どの학원(塾・学院)でもやっているそうです。

小学校6年生で、中学1年の勉強を、학원(塾・学院)でやるのは、

韓国では、当たり前、常識です。

小学校6年生が、塾で中学2年の勉強をするのも、普通のことです。

 

韓国では、大学進学にも、内申がありますから、

学校の勉強についていけないと、進学に大きく影響します。

ですから、親は、無理をしてでも、子供たちを학원(塾・学院)に通わせます。

 

貧しくても、ろうそくの火で、必死に勉強すれば成功できる

というのは昔話で、今どき、そんなことで、なんとかなると考える韓国人はいません。

 

家のローンなどで借金があっても、親たちは、子供の私教育費のために、更に借金をします。

そんな에듀푸어(エデュプアー)が、今、韓国で、305万人いると推測されるそうです。



韓国では、出産から大学卒業までの養育費、教育費が、

全部で、だいたい4億ウォンくらいだそうです。

日本円にすると、4千万円くらいです。



養育、教育費用は、このところ、どんどん上がっています。

青の棒線が総費用です。




そのため、子供を育てることに不安を感じ、結局、あきらめてしまう人も、少なくありません。

 

日本では、養育費用や教育費用が、全部で、だいたい1600万円くらいだそうです。

高校や大学が、私立か公立か、などで、大きく差が出るようですが、

私立の大学に行っても、韓国より、ずっと安く済みます。

 

お金がなくて、子供に、塾や習い事を、満足にさせられないと、

韓国の親は、罪悪感を感じます。

罪悪感を感じながら、子供を育てたくない、

今の20代、30代(略して2030と言います)は、そんな雰囲気だそうです。

目次

子供にかかる教育費が高く、親は大変です。

韓国では、子供を塾に通わせるのは当たり前です。そして、いい塾は、授業料が高いです。それでも、親たちは、無理をしてでも、子供を塾に通わせます。借金をしてでも、子供にいい教育を受けさせようとする親も少なくなく、私教育にお金がかかりすぎることは、社会問題になっています。

ブログ一覧