Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ハングル? ハングル語? 韓国語? 朝鮮語? どれが本当?

韓国語講座

ハングル? ハングル語? 韓国語? 朝鮮語? どれが本当?

ハングルというのは、文字の名前です。言葉としては、韓国語になります。

日本では、日本語を話し、文字には「ひらがな」「カタカナ」「漢字」がありますよね。
韓国では、韓国語を話し、文字には「ハングル」と、そして「漢字」も少し使います。

では、なぜ、日本では、一般的に「ハングル」というのか。それは、1984年に、NHKが「フランス語講座」とか「中国語講座」のように「韓国語朝鮮語講座」を作ろうとした時に、名前の問題にぶつかりました。「韓国語」と言うと北朝鮮から抗議が来るし、「朝鮮語」と言うと韓国から抗議が来るし、さて、どうしよう。ふたつをつなげて「韓国朝鮮語」としても、両国から抗議が来るので、それで、仕方なく『ハングル講座』にしました。
『ハングル講座』、変な名前の講座です。これは日本語でたとえるなら『ひらがな講座』みたいな意味ですからね。

しかし、今では、すっかり定着してしまい「ハングル語」という言語だと思っている人も多いみたいですね。
でも、ハングルは文字の名前で、言葉としては、韓国語です。北朝鮮では朝鮮語と言います。お互い、方言みたいな関係です。韓国語も朝鮮語も、英語ならどちらもKorean Language で同じになるので、NHKも英語にしたら良かったと思うのですが、とにかく、韓国人が話す言葉は、韓国語です。文字がハングルです。

そして『ハングルちゃん』も、韓国語教室です。よろしくお願いいたします。

目次

ハングルって、韓国語のことでしょうか?

韓国語を学習する前に、韓国語についての基礎的な知識や、それにまつわる話をしますね。

ブログ一覧