Column コラム

Column

HOME//コラム//韓国人の子供のしかり方、体罰の与え方

韓国の暮らし 7【生活習慣・一般常識・軍隊】

韓国人の子供のしかり方、体罰の与え方

投稿日:2023年8月15日 | 最終更新日:2024年2月15日

韓国人の子供のしかり方やたたき方は日本とはかなり違います。ひとつは素手で叩くことに対する感覚が違うからです。
ここでは子供のたたき方やしかり方についてご紹介します。

目次 ▼

1 子供に罰としてたたく時は細い棒でふくらはぎを叩く

素手でたたくのでは暴力みたいで、すごく嫌な感じがします。

棒はフェチョリ(회초리)あるいはメ(매)と言う

細い木の棒や、それに類するものであれば何でも構いません。
以前は学校でも先生の体罰がありました。その時もこの方法でした。

2 「反省しなさい」という時には両手をあげたまま立たせる

小さな子供を叱る時は、子供の両手をあげさせて叱ることが多いです。

3 人の頭を叩いてはいけない

頭は大事なところですから、冗談でも人の頭を叩くのは絶対ダメです。子供も大人もダメです。

自分の子供の頭を叩くことも韓国ではあり得ない

頭を叩くと脳細胞が死にます。自分で自分の子供の頭をバカにしてしまう行為です。

スポーツ選手たちの祝福場面で、軽くたたくくらいは問題ない

このくらいでも、見ていて気になるという人が結構います。

4 他にもたくさんある、日本と違う韓国のマナー、礼儀、考え方の違いや常識について

日本と違う韓国のマナー、礼儀、考え方、常識について

※ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
ハングルちゃんは
①リーズナブルな料金システム
②講師は全員韓国生まれ韓国育ちの優しい韓国人
③「話せるように」を目標とした会話中心のレッスン
④防音設備の整った清潔な教室
オンラインレッスンも可能です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。