Column コラム

Column

HOME//コラム//韓国語の「ワッソ」と日本語の「わっしょい」の関係

気になる韓国語の「単語・表現」

韓国語の「ワッソ」と日本語の「わっしょい」の関係

投稿日:2023年2月6日 | 最終更新日:2023年11月12日

韓国語の「ワッソ」と日本語の「わっしょい」は、発音が似ているので関係があるように思われていますが、真相はどうなのでしょうか?
ここでわかりやすくご説明します。

目次 ▼

1 韓国語の「ワッソ」は「来た」という意味

日本語の「来る」には、丁寧形の「来ます」、尊敬語の「来られる」「いらっしゃる」、文章で使ったりタメ口にもなる「来る」、3レベルありますが、韓国語もまったく同じです。
「ワッソ」は、丁寧形では言い方で、文章でも使いますしタメ口にもなる「来た」です。

「来る」の辞書の形は「オダ(오다)」

丁寧形は、語尾の「ダ(다)」が脱落して、丁寧の語尾「アヨ(아요)」がついて「オアヨ(오아요)」、ここから更に「オ」と「ア」が縮約して「ワヨ(와요)」となります。「来ます」が「ワヨ」です。

「来ました」は過去を表す「ッソ(ㅆ어)」を入れて「ワッソヨ(왔어요)」

「ヨ(요)」が丁寧の意味で日本語の「です・ます」に当たります。ですので、この「ヨ」を取ると「ワッソ」、これで「来た」となります。
そして、日本語と同じで、語尾を上げると疑問文、語尾を下げると平叙文です。

ワッソ?(왔어?)⤴ 「来た?」
ウン、ワッソ(응, 왔어)⤵ 「うん、来た」

2 お神輿を担ぐ時の掛け声「わっしょい」は「ワッソ」から来た

韓国語で「来た」は、現代語では「ワッソ」ですが

大昔は「来た」を「ワッソ」と言っていなかった

動詞の活用は時代とともに大きく変わります。日本でもそうですよね。『古文』に出て来る動詞は、言葉も違うし活用も今とぜんぜん違います。
もし、本当にタイムマシンがあって昔に行けたとしても、現代の日本人は昔の日本人と言葉が通じません。通訳が要ります。
それは韓国も同じです。「ワッソ(왔어)」のような形の過去形「ッソ(ㅆ어)」は、18世紀頃に成立したというのが韓国語の専門家たちの定説です。比較的新しい形です。

「わっしょい」の語源ははっきりしない

昔から使われていたのは間違いないようですが、諸説あります。
「和をしょう(背負う)」がなまったもの、という説もありますが、ちょっとこじつけっぽいように思います。
いろいろな説の中に、日本語や韓国語の起源そのものを西インドのタミル語とみる説があるのですが、その説が説得力あるかなと思います。
「奉納」という意味だそうです。

3 大阪では毎年「四天王寺ワッソ」という祭りが行われている

1990年に在日韓国人が中心になってはじめられました。
四天王寺は593年に聖徳太子によって開かれた日本で最初の官寺です。

聖徳太子の時代が舞台

この時代、6世紀から7世紀ころに、朝鮮半島(韓国では韓半島と言います)から日本に渡って来た渡来人を、日本人が「ワッソ」と言って出迎えたことに由来します。
聖徳太子と言えば、今から1400年も昔のことですから、話としてはロマンがありますが、しかし設定に無理があります。
聖徳太子の時代に「わっしょい」という言葉は存在しましたが、「ワッソ」という言葉はまだ存在していませんでした。

4 韓国語に興味のある方はぜひこちらもご覧ください。

あいさつ表現や自己紹介のしかた、韓国に行った時に役立つ表現、韓国語の悪口、等々、
韓国語でなんて言うの?「目次」へ

※ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
ハングルちゃんは
① リーズナブルな料金システム
② 講師は全員韓国生まれ韓国育ちの優しい韓国人
③「話せるように」を目標とした会話中心のレッスン
④ 防音設備の整った清潔な教室
オンラインレッスンも可能です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。