Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//日本語の「優しい」は韓国語で言うと상냥하다ですが、

韓国語表現

日本語の「優しい」は韓国語で言うと상냥하다ですが、

日本では、例えば、彼氏がどんな人か、他人に話す時に、よく使う言葉に「優しい」がありますよね。「優しい」を韓国語で何 と言うか、時々聞かれます。人が「優しい」は、상냥하다ですが、あまり使いません。それより잘 해주다という表現をよく使います。잘が「よく」、해주다が「してあげる、してくれる」なので、直訳すると「よくしてあげる、よくしてくれる」、いろいろと自分のために、あれこれしてくれる、という意味です。プレゼントもそうですし、どこかに連れて行ってくれたり、ごちそうしてくれたり、잘 해주다です。この表現が、一番よく使われる「ほめ言葉」です。

また、착하다という表現もあります。착하다は、年上の人には使いにくいですが、正直で嘘ついたりだましたりしない「人がいい」ことを表す言葉です。日本語でひと言で表現しにくい言葉で、辞書には「善良」と出ていますが、「善良」も近いけど、なんかちょっと違うような、そんな意味です。
착하다は、本来、人に対して使いますが、착한 가게 「人のいい店」という使い方もあります。착한 가게 は、その店の経営者が人ですから、結局、人に対して使っていることになります。

착한 가게は、たしか、あるテレビ番組で、スタッフが客のふりをして食事をするなどして、本当に正直できちんとした店を探して認定しようというものが、今も番組を離れて続いています。認定されると、公式認定を店に出すことができるため、この認定をひとつの判断にする人も少なくないものです。

また、最近の若者言葉には、얼굴이 잘 생기다 (かっこいい顔)の意味で착한 얼굴 という言い方もありますが言いますが、これは違う意味です。流行語です。

また、잘 챙겨주다 という言葉もあります。챙기다 は、辞書では「取りまとめる」とか「準備する」とか出ています。出かける時に「全部持った?」と聞く時、韓国語では、다 챙겼어? と言います。
챙겨주다  で、あれこれ身の回りのことをしてくれることで、それをよくしてくれるのが 잘 챙겨주다 、そして、細かい事まで 잘 챙겨주다 、そんな人のことを 자상하다 と言います。

韓国では、どれだけ自分にあれこれ気を使ってしてくれるか、それを基準にして話すのが一般的なので、日本人のように「優しい」という言葉は、あまり使いません。これも、考え方の違い、文化の違いですよね。

ブログ一覧