Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//第11課 旅行はどうでしたか?      【文法事項】

韓国語講座

第11課 旅行はどうでしたか?      【文法事項】

この課の学習項目


1 過去形

2 過去完了形(中級レベル)

3 逆接の接続助詞 지만

  &「普通形」のまとめ

 

学習項目1 過去形


 

Ⅰ 動詞・形容詞


1. 過去・肯定形


 

【읍니다】体


語幹の最後の文字の母音が陽母音[ㅏ  ㅗ]の時、語幹に 았습니다 をつける

 例) 살다  ⇒ 살았습니다

   가다  ⇒가았습니다⇒갔습니다

 

語幹の最後の文字の母音が[ㅏ  ㅗ]以外の時、語幹に었어요をつける

 例) 먹다  ⇒먹었습니다

   배우다  ⇒배우었습니다  ⇒배웠습니다

 

作り方の基本は、【요】体を作る時と同じなので、【요】体から作るほうが簡単です。

【요】体から 요 をとって、 ㅆ습니다 をつけます。

 例1) 살다は、  【요】体の 살아요 から 요 をとって  살아   、そこに

    ㅆ습니다 をつけて  살았습니다

 例2) 배우다 は、  【요】体の 배워요 から 요 をとって  배워   、そこに

    ㅆ습니다 をつけて  배웠습니다

 

【요】体


① 語幹の最後の文字の母音が陽母音[ㅏ  ㅗ]の時、語幹に 았어요 をつける

 例) 살다  ⇒ 살았어요

   가다  ⇒가았어요⇒갔어요

 

② 語幹の最後の文字の母音が[ㅏ  ㅗ]以外の時、語幹に었어요をつける

 例) 먹다  ⇒먹었어요

   배우다  ⇒배우었어요  ⇒배웠어요

 

となりますが、【요】体の時も、【요】体の現在形から、

요 をとって、 ㅆ어요 をつけても同じです

 

 例1) 살다 は、  【요】体の 살아요 から 요 をとって  살아   、そこに

    ㅆ어요 をつけて살았어요

 例2) 배우다 は、  【요】体の 배워요 から 요 をとって  배워   、そこに

    ㅆ어요 をつけて배웠어요

 

2. 過去・否定形


 

【읍니다】体


① 語幹に 지 않았습니다 をつける。

  例)  먹지 않았습니다

② 動詞・形容詞の前に、안 をつける。

  例)  안 먹었습니다.

 

【요】体


① 語幹に、 지 않았아요 をつける。

  例) 먹지 않았어요

② 動詞・形容詞の前に、안 をつける。

  例) 안 먹었어요.

 

Ⅱ 名詞


1. 過去・肯定形


 

【읍니다】体


 パッチムなし ⇒ 였습니다 をつける

 パッチムあり ⇒ 이었습니다 をつける

 例)   천재  ⇒ 천재였습니다   ※ 천재 〔天才〕

   쉬는 날  ⇒ 쉬는 날이었습니다  ※쉬는 날 休みの日

 

【요】体


 パッチムなし ⇒ 였어요 をつける

 パッチムあり ⇒ 이었어요 をつける

 例)   천재  ⇒ 천재였어요

   쉬는 날  ⇒ 쉬는 날이었어요

 

2.  過去・否定形


 

【읍니다】体


 パッチムなし ⇒ 가 아니었습니다 をつける

 パッチムあり ⇒ 이 아니었습니다 をつける

 例)   천재  ⇒ 천재가 아니었습니다

   쉬는 날  ⇒ 쉬는 날이 아니었습니다

 

【요】体


 パッチムなし ⇒ 가 아니었어요 をつける

 パッチムあり ⇒ 이 아니었어요 をつける

 例)   천재  ⇒ 천재가 아니었어요

   쉬는 날  ⇒ 쉬는 날이 아니었어요

 

☆ ポイント・注意点


韓国語の過去形と日本語の過去形、使い方はだいたい同じですが、

違うところもあります。

例えば、もう昼ごはんを食べましたか?

に対して、否定で答える時、

日本語では、「まだ食べていません」と「~ていません」を使いますが、

韓国語では、아뇨, 아직 안 먹었어요.   ※ 아직まだ

と、過去形を使います表現の仕方が違うところもありますので、注意してください。

 

 

学習項目2 過去完了形(中級レベル)


 

過去の形には、もうひとつ、『過去完了形』があります。

英語にも『過去完了形』がありますが、英語の『過去完了形』とは考え方が違います。

韓国語の『過去完了形』は、『過去完了・断絶形』とも言いますが、

現在の状況とは違う過去、現在と断絶された過去を表します。

 

① 作り方


形は、『過去形』に、過去の意味を表す[었]をもうひとつ挿入します。

먹다 を例にすると

 過去形    먹었습니다     먹었어요

 過去完了形   먹었었습니다   먹었었어요

 

② 使い方・意味


「前にはたくさん食べました」を、『過去完了形』を使って表現すると、

전에는 많이 먹었었어요  ※ 전 前、 많이 たくさん、

となります。

『過去完了形』を使って表現すると、「今は違う」という意味が入ります。

つまり、「前にはたくさん食べましたが、今は食べません」という意味になります。

例えば、犬肉鍋、보신탕〔補身湯〕と言いますが、

전에는 많이 먹었었어요

これだけで、「以前はたくさん食べ(てい)ましたが、今は食べません」

という意味になります。

 

もうひとつ、「来る」で見てみます。

過去形を使って、왔어요「来ました」なら、

恐らく「今、来ています」、

そうでない場合もありますが、恐らく、今、います。

過去完了形を使って、왔었어요「来ました」なら、

今は違うというニュアンスなので、

「今はもういない、もう帰った」という意味になります。

ですので、今、開催中のパーティーで「皆、来ましたか?」と聞くのであれば、

過去形を使って、

다 왔어요?    ※ 다 皆、全部、

と、聞きますが、

既に終わっている、過去のパーティーのことで、

「皆、来(てい)ましたか?」と聞くのであれば、

過去完了形を使って、다 왔었었요?

と、聞きます。

 

 『過去完了形』は、現在と違う過去、断絶された過去を表します。

日本語とは表現方法が違います。

今は、そんな表現があるのか、くらいで頭にいれておいてください。

そして、学習が進んだところで、戻って来てください。

 

 

学習項目3 逆接の接続助詞


 

逆接の接続助詞を学習する前に、丁寧形でない形、

日本語で言うと、

「行きません」ではなく「行かない」

「行きました」ではなく「行った」

のような、丁寧形でない形、

ここでは「普通形」と言いますが、「普通形」をまとめておきましょう。

 

☆ 普通形


 

1. 動詞・形容詞


 

① 現在・肯定形


「基本形」そのままです。

「基本形」というのは、「辞書に出ている形」です。

 例) 行く ⇒ 가다

   食べる ⇒ 먹다

  〔値段が〕高い ⇒ 비싸다

   疲れる ⇒ 피곤하다

 

② 現在・否定形


基本形の語幹に 지 않다 をつける

 例) 「行く」 가다 ⇒ 가지 않다 (行かない)

   「食べる」먹다 ⇒ 먹지 않다 (食べない)

 

③ 過去・肯定形


【요】体 の 過去・肯定形から、어요  をとって 다 をつける。

 例) 「行く」 갔어요 ⇒ 갔다 (行った)

   「食べる」먹었어요  ⇒ 먹었다 (食べた)

 

④ 過去・否定形


基本形の語幹に 지 않았아 をつける

 例) 「行く」 가다 ⇒ 가지 않았다 (行かなかった)

   「食べる」먹다 ⇒ 먹지 않았다 (食べなかった)

 

2. 名詞


〔パッチムがあるかないかで形が違う〕

 

① 現在・肯定形


 パッチムがない時 ⇒ 다 をつける

パッチムがある時 ⇒ 이다 をつける

  合わせて「(이)다  をつける」と書く。

 例) パッチムがない時 감기 ⇒ 감기다 (風邪だ)

   パッチムがある時 지진 ⇒ 지진이다 (地震だ)

   ※ 감기 風邪、  지진 地震

 

② 現在・否定形


 パッチムがない時 ⇒ 가 아니다 をつける

 パッチムがある時 ⇒ 이 아니다 をつける

  合わせて「가/이 아니다  をつける」と書く。

 例) パッチムがない時 감기 ⇒ 감지가 아니다 (風邪ではない)

   パッチムがある時 지진 ⇒ 지진이 아니다 (地震ではない)

 

③ 過去・肯定形


パッチムがない時 ⇒ 였다 をつける

 パッチムがある時 ⇒ 이었다 をつける

 例) パッチムがない時 감기 ⇒ 감기였다(風邪だった)

   パッチムがある時 지진 ⇒ 지진이었다(地震だった)

 

④ 過去・否定形


 パッチムがない時 ⇒ 가 아니었다 をつける

パッチムがある時 ⇒ 이 아니었다 をつける

 例) パッチムがない時 감기 ⇒ 감기가 아니었다(風邪ではなかった)

   パッチムがある時 지진 ⇒ 지진이 아니었다 (地震ではなかった)

 

まずは、「丁寧形」(【읍니다】体    & 【요】体) と「普通形」

自由自在に変換できるように、練習してください。

 

☆ 지만


「普通形」の語幹に接続する

 

例1)  먹다

 現在・肯定形 먹 ⇒ 먹지만 (食べるけど)

 現在・否定形 먹지 않 ⇒ 먹지 않지만 (食べないけど)

 過去・肯定形 먹었다 ⇒ 먹었지만 (食べたけど)

 過去・否定形 먹지 않았 ⇒ 먹지 않았지만 (食べなかったけど)

 

例2)  감기

 現在・肯定形 감기 ⇒ 감기지만 (風邪だけど)

 現在・否定形 감기가 아니 ⇒ 감기가 아니지만 (風邪じゃないけど)

 過去・肯定形 감기였다 ⇒ 감기였지만 (風邪だったけど)

 過去・否定形 감기가 아니었 ⇒ 감기가 아니었지만 (風邪じゃなかったけど)

 

例文で見てみましょう。

 

 例1) おいしくなかったけど、たくさん食べました。

    맛이 없었지만 많이 먹었어요.

 例2) 野菜は好きだけど、果物は好きではありません。

    야체는 좋아하지만 과일은 좋아하지 않아요.

 

まずは、「普通形」が作れるように練習しましょう。

「普通形」が作れれば、지만 の接続は簡単です。

 

※ 注意点


逆接の接続助詞には、

【읍니다】体  + 만 の形もあります。

例えば、

  죄송합니다만 ~

  すみませんが、~

のような形ですが、一般の会話で使う形ではないので、

今は、聞いて理解できれば大丈夫です。

ブログ一覧