Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//サイバー大学で学ぶ人も多いです。

韓国の暮らし【教育・学校】

サイバー大学で学ぶ人も多いです。

韓国は学歴が重要です。大学を出ていないと就職もできないですし、結婚も難しくなります。そのため、事情があって大学に行けなかった人も、社会に出て余裕ができると大学に行きたいと思うようになります。また、大学は出ていても、専門大学(短大)出身の人は、やっぱり4大を卒業をしたいと考えるようになります。しかし、一度社会に出ると、仕事をやめない限り、なかなか大学に通うことはできません。

そこで、最近、増えているのがサイバー大学です。インターネットで講義を受け、試験もインターネットで受けて単位を取ることができます。日本でも、ソフトバンクが運営しているみたいですが、韓国では、サイバー大学が現在21あります。サイバー大学を運営しているのは、皆、名前のある大学です。

例えば、고려사이버대학교(高麗サイバー大学)は、고려대학교(高麗大学)が運営するサイバー大学です。

サイバー大学に入学する時には、どうしてその勉強がしたいのか等を書いた論文を提出し、簡単な試験を受けます。

以前は、入学試験はなかったので、事実上、誰でも入れましたが、サイバー大学が一般的になり、入学希望者が増えたため、入学したくても試験で落ちる人がいます。

サイバー大学は、インターネットの講義ですから、自分の時間ができた時に授業を受けられます。もちろん場所も選びません。海外に住んでいても受けられます。また、オフラインのセミナーもありますし、教授と会って直接話すこともできます。オフラインの集まりなどもあり、MTもありますから、それなりに学生生活気分を楽しめます。

基本の講義はすべてインターネットですが、学科によっては実習があったり、また、大学によっては「試験はオフライン」というところもあります。

最近は、学力の問題、あるいは、お金がなくて、オフラインの大学に行けない人が、たくさんサイバー大学に通うようになっています。고려사이버대학교(高麗サイバー大学)の資料によると、在校生の年代は、

20代と30代で7割となります。

また、在校生の最終学歴は、

高校卒業と専門大学(短大)卒業で9割以上になります。やはり「更なる専門知識を求めて」通う人より「大卒の資格」を求めて通う人が圧倒的です。

サイバー大学の1年間の授業料は平均300万ウォンくらいです。オフラインの大学よりは、もちろん安くて4分の1くらいですが、でも、インターネットで講義だけで、この値段。それなりの値段です。ですので、サイバー大学にも奨学金が用意されています。

ブログ一覧