Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//大事な試験の前にはプレゼントを贈ります

韓国の暮らし【教育・学校】

大事な試験の前にはプレゼントを贈ります

今日、11月18日は、수능(修能)の日です。最近は、高校の内申点のみで進学する人も増え、수능(修能)が全受験生一発勝負ではなくなっていますが、それでも試験を受ける受験生たちにとって大切な日であることには変わりません。韓国では、この日は国を挙げての一大イベントのようになります。

韓国では、수능(修能)が近づくと、試験を受ける受験生には試験でいい点数がとれるように、家族や、親戚、先輩や後輩や友人達がプレゼントをします。수능선물(修能プレゼント)と言います。以前は、엿(あめ)とか떡(もち)をあげるのが一般的でした。どうして、あめやもちをあげるのか、意味は、わかりますよね。よく、くっつくようにです。「合格した」「受かった」という時に、韓国では「붙었다(くっついた)」と言います。

今は、プレゼントの떡(もち)も高級化しましたが、떡(もち)は수능선물(修能プレゼント)の定番です。

あるいは、フォークをあげることもありました。フォークで「찍다(突く)」と、マークシートに印を「찍다(つける)」が、韓国語では同じ発音なので、迷った時に選択肢をよくつけられるように(勘が当たるように)、という意味でフォークをプレゼントします。

今でもフォークは、수능(修能)の象徴のように、よく使われています。

しかし、最近は、수능선물(修能プレゼント)も、いろいろな物が出ています。例えば、韓国には有名な精神安定の薬があるのですが수능(修能)用の特別なものが出ています。

수능환(修能丸)と言います。これを飲んで、落ち着いて、いい点数取れるようにと贈ります。ちょっと高価ですが、実用的で人気のプレゼントです。

他にも、수능양말(修能くつした)とか、

대박というのは、訳すのが難しいですが、パチンコなどで大当たりして、玉がジャラジャラ出るような感じです。試験で대박と言うのは、マークシートを勘良く印をつけたおかげで、正解がジャラジャラ出て、ものすごく高得点を得るような感じです。そんな、대박기원(大当たり祈願・高得点祈願)です。

今では、どの店でも、何かしら능선물(修能プレゼント)を売っていて、何も売っていない店がないくらいです。

この時期だけの、ポテトチップスの特別バージョンです。

お菓子でもチョコでも、수능(修能)の時期は、み~んな、なんでも대박기원です。

ブログ一覧