Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国では『夫婦は前世の仇同士』と言います

韓国の暮らし【結婚・結婚式】

韓国では『夫婦は前世の仇同士』と言います

韓国では夫婦は

「천생연분(天生縁分)」とか、

「천생인연(天生因縁)」と言います。

 

인연(因縁)は、日本語の「縁」の意味で、

연분(縁分)も同じ意味です。

 

ですから、夫婦は「天が定めた縁だ」

という意味になります。

 

これらの表現は、お似合いの夫婦やカップルを、ほめる時に使います。

 

また『부부는 전생의 원수지간』

『夫婦は前生(前世)のかたきの間(仲)』

とも言います。



前世の仇がパパだって?

 

「원수(ウォンス)」は「敵討ち」の「かたき」です。

会話では「웬수(ウェンス)」と発音することが多いです。

 

夫婦としていっしょに暮らしていると、

相手にいらいらしたり、嫌な気分になることがたくさんあります。

 

「この人は私を困らせるために私と結婚したのか」

と感じることも多いですが、

この表現は、そんな時に使う表現です。

 

夫婦は元々敵(かたき)同士だったのだから、

相手が嫌がることをたくさんするのは当たり前ですよ。

敵(かたき)だった前世の縁を解くために結婚したのですから。

 

この表現は、「しょうがないんだ」とあきらめたり、

慰めたりするとき使います。

あの有名な「ロミオとジュリエット」もこの表現に当てはまります。

 

夫婦の間には、愛情もありますが、憎しみも生まれます。

愛情と憎しみは裏表の関係ですよね。

それは日本も韓国も同じみたいです。

 

長くいっしょにいると、愛情はどんどんなくなります。

でも離婚しないでいっしょにいるのは「情」があるからです。

 

たとえば、車を買い替えるとき、

それまで乗っていた車を売ります。

もっといい車になるから単純にうれしいはずなのに、

なぜか寂しく感じたり不思議な気分になったりしませんか?

 

私はそうだったんですが、車に情が移っていたんですね。

 

韓国では、自分の妻や夫の文句ばかり言っている人に

「そんなに嫌なことばかりなのに、どうして離婚しないの?」と聞くと、

「정이 들어서요(情があるからね・情が移ってね)」

と答える人が多いですね。

ブログ一覧