Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//今度と次、日本語と使い方が微妙に違います

韓国語表現

今度と次、日本語と使い方が微妙に違います

「이번(イボン)」と「다음(タウム)」

 

辞書を引くと、

「이번(イボン)」は「今度」で、

「다음(タウム)」は「次」と出ています。

 

でも、韓国語の「다음(タウム)」と、日本語の「次」は微妙に違います。

 

韓国では、バスも電車も、案内放送で、

次の停留場(駅)と、その次の停留所(駅)、

ふたつの停留所(駅)を言います。



 

走行中のバスの案内放送で

次の停留所は、「이번  정류장(今度の停留所)」

その次の停留所が、「다음 정류장(次の停留所)」になります。



다음 정류장(次の停留所)」は、

日本語で言うと「次の次」、ふたつ先の停留所を意味します。

 

ややこしいですよね。

 

日本でも、電車の出発案内で、

「今度」「次」「その次」のような表示をしている所がありますが、

それに近いかもしれません。

 

以前、韓国に帰った時に、

インチョン空港からリムジンバスに乗ったのですが、

キンポ空港に着く時の停留所の案内放送で

「今度の停留所はキンポ空港国際線ターミナル」、

「次の停留所はキンポ空港国内線ターミナル」、

と、韓国語をそのまま直訳したような案内放送がありました。

 

ああ、これでは日本の方は混乱するだろうなあ、

「次の停留所」のほうは、むしろ、言わないほうがいいのではないか

と思いました。



 

これは、タクシーで、降りる場所を伝える時も同じです。

 

例えば、いくつか信号が見えていて、

日本人感覚の「次の信号」で降りたい時には、

「이번 신호등(今度の信号灯)」と言わなければなりません。

 

「다음 신호등(次の信号灯)」というと、

2つ先、次の次まで行ってしまいますから、気をつけてください。

 

ブログ一覧