Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//人生をかけて語学の勉強をします

韓国の暮らし【教育・学校】

人生をかけて語学の勉強をします

「ハングルちゃん」には、たくさんの日本人が韓国語を勉強に来ています。でも、ほとんどの人は週1回1時間の授業です。中には、週2回とか、1回2時間、授業を受けている人もいますが、少数派です。日本人が韓国語を勉強するのは、ほとんどの場合「趣味」ですよね。上手になったらうれしいけど、そんなにペラペラにならなくても人生に大きな問題はないみたいです。

でも、韓国人が外国語(日本語や中国語や英語)を勉強する場合、それは人生をかけて勉強するので、やる気や熱意がぜんぜん違います。よく生徒さんから「どうして韓国の人はみんな日本語が上手なんですか」と聞かれますが、勉強の量と真剣さが違うだけです。

韓国では、何か外国語ができないと就職ができません。履歴書の段階で落ちてしまい、面接もしてもらえません。だから、語学研修や海外留学へ行く人がとても多いです。英語ができるのが一番ですが、英語が苦手な人は、日本語とか中国語を選ぶことが多いです。最近は、日本語よりも断然中国語ですけど。

韓国では、就職の時に、外国語や大学の成績が大きく影響します。「大学時代はスポーツ頑張りました。サークル活動を頑張りました。その経験を会社に入って活かしたいです。」では、どこにも就職できません。就職の時は、英語の場合、TOEICの点数を重視しますが、実際の仕事で必要なのは会話力です。また、英語はできるけど、会社で日本語や中国語が必要なこともあります。ですから、会社に入ってからも外国語を必死で勉強します。そうしないと昇進もできないからです。

韓国はすごい競争社会です。最近はインターネット講義も増えていますし、スタディーと言って、グループを作って一緒に勉強する人たちも多いです。でも、大部分の人は、「학원(学院)」に通って勉強します。その「학원(学院)」」で、会社や大学に行く前の時間か、会社や大学が終わってからの時間、朝なら毎日1時間ずつ、夜なら変則週3回〔月10回〕2時間ずつ、勉強するのが普通です。朝一番早いクラスは、午前6時半から、夜一番遅いクラスは、午後10時までです。韓国人には当たり前ですが、日本の人はみんなびっくりしますね。勉強に対する考え方が日本とは違います。日本のように、週1回とか、「好きな時間に予約制」というのはほとんどありません。

以前、大手の語学院が日本のように、チケット制で「好きな時間に予約制」をやったことがありましたが、生徒が集まらず、すぐやめました。韓国人は、毎日決まった時間に通わないとだめなんです。

そんな語学院の中で、最大手が「YBM」と「파고다학원(パゴダ学院)」です。YBMというのは、創立者(会長)のイニシャルです。

ソウル市の中心部、「종로(鍾路)」の「탑골공원(タプコル公園)」南側にある、この大きなビルがYBM本社ビルです。上のほうの階は関連会社ですが、真ん中へんは、すべて教室です。この会社は「ナショナルジオグラフィック」とか「TOEIC」もやってます。

「e4u」は「English for you」の意味です。YBM本社ビルの西隣もYBMのビルです。このビルは、日本の「TOEIC」を韓国に導入して大成功し、そのお金で建てたビルだと言われています。上のほうにはTOEIC財団が入っています。韓国では、本家の日本以上にTOEICを受ける人が多いです。

このビルの西隣にライバルの「パゴダ学院」があります。パゴダというのは「탑골공원(タプコル公園)」の以前の名称「파고다공원(パゴダ公園)」からとったものです。公園の名前は変わってしまいましたが「パゴダ学院」の名前はそのままです。
ハングルちゃんのブログ
「종로(鍾路)」エリアでは、YBMほど目立ちませんが、강남(江南)駅周辺の「강남(江南)エリア」では、この「パゴダタワー」がひと際目立ちます。上の階は賃貸オフィスになっていますが、まん中くらいまで全て教室です。

繁華街の一等地にある、一番とか二番目に大きいビルが、「語学学校」というのが韓国です。韓国人は、小さな学院より、大きな学院を好みます。大きくて新しくてきれいなところが一番人気があります。もちろん教え方のいいところが最高ですが、大きいところにいい講師も集まる傾向があります。もし時間があったら、パンフレットだけでも見てみてください。そして、中に入ってみてもおもしろいと思います。大きい学院は人がたくさん出入りしてますから、いちいちチェックしてません。勝手に入っても大丈夫です。もし何か言われたら、「韓国語を勉強したい」とかなんとか言えば、「ここには韓国語はない」と言われるか、親切に案内されるかどちらかです。心配要りません。

 

ブログ一覧