Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国の歳

韓国語表現

韓国の歳

韓国人に歳を聞くと「韓国の歳で〇歳です」と答える人が多いですが、経験ありますか?
韓国の歳というのは、数え年です。生れたら1歳で、新年を迎えると、1歳ずつ増えます。ですので、韓国では、설날(お正月・旧正月)を迎えると、みんなで一緒に1歳、歳をとります。日本でも、テレビを見ていると、だいたい90歳以上の人に歳を聞いた時、「数えで95」のように答える、おじいさんやおばあさんを、時々見かけるので、日本人も、知識としては、知っているのかなと思います。
実際、数え年は、昔々は、中国だけでなく、アジアの広い範囲で、使われていました。しかし、今では、中国でも満年齢が基本で、数え年を使っている国は、世界で、韓国だけになりました。北朝鮮でも、使っていないそうです。韓国でも、お役所などの公文書は、すべて満年齢です。民法上は、満年齢を使うことになっているそうです。

しかし、実際の生活では、満年齢も使い、数え年も使うので、かなり面倒くさいです。そのため、韓国も、満年齢に統一すべきだ、という声が、年々大きくなっています。

青が韓国式の歳を維持派、赤が満年齢に統一派、だいたい、どの世論調査でも、半々の結果です。満年齢統一派は、国際的にも、満年齢だし、ふたつの年齢を使うのは、わずらわしい。数え年では、12月31日に生まれた赤ちゃんは、その日が1歳で、翌日1月1日に2歳になるため、生れて2日で2歳という、不合理な点があると言います。また、韓国式の歳を維持派は、韓国では、伝統的に数え年を使ってきたし、数え年は、赤ちゃんがおなかの中にいる時が0歳で、生れて1歳というのは、生命を大切に考える韓国の文化慣習だ、と言います。
しかし、0の概念は、比較的新しく、5世紀から7世紀ころ、インドで発見されたらしいのですが、数え年は、それより古くから使われているため、お母さんのお腹の中にいる時から数えるという、韓国式年齢擁護論の言う理由は、こじつけです。大昔は、とにかく1からスタートだった、ゼロ自体がなかった、実際は、それだけのことです。
世論調査の結果は、半々ですが、若い人たちを中心に、満年齢統一派が多いので、韓国も、いずれ満年齢に統一されるでしょう。韓国の歳だと、満年齢より、だいたい1歳多いので、多くの女性たちにとって、満年齢のほうが、若く感じられてうれしい、という意見もけっこうあります。

ブログ一覧