Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//私の視力はマイナスです

韓国語表現

私の視力はマイナスです

視力というのは、文字通り、視る力で、現在、日本や韓国で使われている1.0とか、0.5とかは、もともとフランスではじめられた共通の目盛りです。世界共通ですから、当然、日本の1.0は、韓国でも1.0ですし、日本の0.5も、韓国で0.5です。

しかし、0.1以下の時、日本では、0.09、0.08となりますが、韓国では、-1、-2となります。ですから、韓国人は、目がとても悪い時、「視力はマイナスです」と言います。それは、日本での「視力は0.1以下です」の意味です。

どうして韓国では、視力が0.1以下の時に、マイナスというかというと、0.1以下の時はメガネが必要なので、メガネを買う時のレンズのサイズ(度数)を、数値にしているからです。せっかく学校などで視力を測っても、メガネ屋に行ってメガネを作る時に、また視力を測るのは、二度手間だと考えたからかどうか、「親切心」から、レンズのサイズで教えてくれます。

でも、0.1以下の時、マイナスというのは、レンズのサイズだということを、知らない人も多いです。ですから、たとえば、日本人が、視力は0.06くらいかなと言っても、よく理解できない人が多いです。韓国は、視力がマイナスの人が元々多くて、中高生とかは、メガネがとても多いです。

しかし、最近は、手術を受ける人が多いですし、コンタクトレンズの人も多いので、町中でメガネをかけた女性を見かけるのは、難しいかもしれません。

ブログ一覧