Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//家で飲むコーヒーはコーヒーミックスです

韓国の暮らし【コーヒー】

家で飲むコーヒーはコーヒーミックスです

韓国では、90年代のはじめくらいまで、コーヒーと言えば、家でも店でもインスタントコーヒーでした。当時は、豆のコーヒーを飲みたくても、探すのが難しかったのですが、この20年で、大きく変わりました。

最近は、外で、豆を直接挽いた、おいしいコーヒーを飲んでいるせいか、家でも、豆を挽いたコーヒーを飲む人が増えています。コーヒーミックスから乗り換える人が増えているようですが、韓国では、インスタントコーヒーと言えば、イコール、커피믹스(コーヒーミックス)です。

커피믹스(コーヒーミックス)、ご存知ですよね。スティックにコーヒーとクリームと砂糖が、最高のおいしさになる黄金比率で入っている物です。スティックの一番下が砂糖なので、甘さを控えたい人は、下の部分を抑えて、砂糖の量を調節できます。

커피믹스(コーヒーミックス)の中でも、맥심(MAXIM)が圧倒的に強くて(おいしくて)、市場占有率は80%を超えます。

しかし、最近は、커피믹스(コーヒーミックス)の売り上げが落ちていて、豆を挽いたコーヒーが伸びています。豆を挽いたコーヒーと言っても、飲み方は、普通のインスタントコーヒーと同じなので、特別な手間はありません。それもポイントです。

左が커피믹스(コーヒーミックス)市場で1兆ウォン規模、右がインスタン豆コーヒー市場で約2千億ウォン規模です。

インスタント豆コーヒー市場が伸びる一方、커피믹스(コーヒーミックス)のほうは、『コーヒーミックスの半分は砂糖だ』というマスコミの悪宣伝(?)もあって、これ以上、売り上げは伸びないだろうと予想されています。

お金がないから、大きなぜいたくはできないけど、でも、その代わりに、コーヒーくらいは、良質の豆を挽いたコーヒーでと、ちょっとした、小さなぜいたくを楽しんでいるのかもしれません。

ちなみに、うちは、今も맥심(MAXIM)です。ソウルの実家の両親も、맥심(MAXIM)です。甘すぎるので、両親は、1日1杯にしています。

目次

家で飲むコーヒーはコーヒーミックスです。

韓国では、インスタントコーヒーと言えば、コーヒーミックスです。中でもマキシム(MAXIM)が圧倒的ですが、最近は、家でも、豆のコーヒーを飲む人が増えています。

ブログ一覧