Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国コーヒー共和国

韓国の暮らし【コーヒー】

韓国コーヒー共和国

韓国では、年々、コーヒー消費量が増えています。資料によって少しずつ違うのですが、成人一人当たりでは、平均で年間だいたい360杯飲んでいる計算になるそうです。つまり、平均、1日1杯飲んでいることになります。


一人当たり年間消費量(単位は杯)  韓国は、今では、街中、コーヒーショップだらけです。全国に10万店舗以上あるそうです。この数は、全国のコンビニの店舗数とチキン屋の数を合わせた数よりも多いそうです。そんな韓国を揶揄して『韓国コーヒー共和国』と言います。

最近は、テークアウトのコーヒーも人気ですが、やはり、人気の1位はスターバックスです。

2022年現在、全国の店舗数は、1700店ちょっとです。日本も1700店ちょっとなので、店舗数としては同じです。しかし、韓国の人口は、日本の40%ほどです。いかに、韓国にスターバックスが多いかわかると思います。ちなみに、韓国のスターバックスは、サムソン系の新世界グループの経営です。

スターバックスは、他のコーヒーショップよりも、値段が高いですが、韓国は、元々、コーヒーの値段が高かったので、韓国のスターバックスは、値段の壁がなく一気に普及したように思います。韓国は、簡単な食事と、コーヒーショップのコーヒーと、値段はほとんど同じです。カフェのようなおしゃれなところだと、食事より高いくらいです。これは、韓国人でも、不思議に思ったり、おかしいと思っている人がいて、以前、テレビの番組で、この「なぜ」を追究したのを見たことがあります。お店の経営者の話では、「食事は食べたらさっさと店を出て行くけど、コーヒーは一杯注文しただけで、いつまでも店でおしゃべりをしている」「だからそうなる」ということでした。食堂とコーヒーショップでは、「客の回転率が違うからしょうがない」ということらしく、そう言われればそうだなと思いました。日本も、牛丼屋のように回転率の高いところは値段が安くないですか? 牛丼屋の牛丼より、スターバックスのコーヒーのほうが、ずっと高いですよね。韓国では、ずっと以前から、簡単な食事よりコーヒーのほうが高い、というのが常識でした。

コーヒーは、値段が高いので、気軽に飲むイメージではなかったのですが、テークアウトのコーヒーも普及して、韓国は、このところ、コーヒー消費量がどんどん増えていますが、それでも、まだ日本より少ないらしいです。ある資料によると、日本の年間のコーヒー消費量が48万トンで、韓国は15万トンだそうです。人口比で考えると、韓国は、日本の85%くらいなので、まだまだ伸びる余地があると判断されているようです。コーヒーショップも、素人目には既に飽和状態に見えるのですが、それでも更に増え続けています。

目次

韓国は、コーヒー共和国と言われています。

韓国は、年々、コーヒーの消費量が増えています。どこも、街中は、コーヒーショップだらけです。

ブログ一覧