Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//リサイクルできそうな物は古物商へ持って行きます

韓国の暮らし【生活習慣・一般常識】

リサイクルできそうな物は古物商へ持って行きます

韓国には、町のあちこちに고물상(古物商)があります。最近は少なくなったみたいですが、ソウルでも江南などの高級住宅地を除いて、だいたいどこでもひとつふたつあります。段ボールや金属品を拾って集める老人も、最後は고물상(古物商)に持って行ってお金にします。

住宅地にある고물상(古物商)は、周囲は빌라(ビラ・低層マンション)などに囲まれます。

고물상(古物商)は、鉄くずも扱うため、かなりうるさいです。周囲の住民から苦情が来ないのか、心配になるくらいです。

大通り沿いにあることもありますが、ソウルは、土地代が上がっているので、立地のいい고물상(古物商)は減っています。

一般の人でも、たとえば、フライパンなどは1000ウォン、新聞は1kg当たり80ウォン、空きビンは最近価格が上がって焼酎瓶は50ウォン、ビール瓶は100ウォン、空き缶も段ボールも古着もリサイクルできそうなゴミは、とにかくまずは고물상(古物商)に持って行きます。捨てるのは、お金がかかりますが、고물상(古物商)に持って行けば、少ないですが、お金になります。ほかにも、車のバッテリーを交換したら、古い物は持って行きます。古いバッテリーでも1万ウォンくらいくれます。日本だと、捨てるのにお金がかかるので、バッテリーを販売している店が、古い物を無料で引き取ることをしていますが、韓国人から見ると売れるもの無料でプレゼントするようなものです。

目次

リサイクルできそうな物は古物商に持って行きます。

韓国では、住宅街でも、古物商があります。リサイクルできそうな物は、捨てずに、古物商に持って行ってお金にします。街中で、空き缶や段ボールを拾って生計を立てているお年寄りも、古物商に持って行きます。

ブログ一覧