Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国のクリスマス

韓国の暮らし【行事・イベント・事件】

韓国のクリスマス

12月24日はクリスマスイブ、そして25日はクリスマスです。韓国では、ホワイトクリスマスになるとSNSが急増します。そして、ホワイトクリスマスになると、あちこちの店やショッピングセンター、あるいは映画館などがイベントを行います。それは、雪が積もって外に出かけるのがおっくうな人を、なんとか外に出させる店側の戦略なのですが、そんなこともあって、「ホワイトクリスマスだといいことがある」みたいな意識がみんなにあります。

韓国のクリスマスも、基本的には日本と似ています。クリスチャンでないのに、クリスマスを祝ったり、クリスマスにケーキを食べたりします。日本ほどは食べませんが「クリスマスケーキ」という日本の習慣が韓国にも入っています。


でも、チキンを食べる習慣は入っていません。本当はチキンじゃなくて七面鳥ですよね。

韓国は日本よりもっとみんなでクリスマスを祝う感じです。11月の終わりごろから、あちこちで「ジングルベル」などのクリスマスソングが流れます。韓国では、クリスマスソングを크리스마스캐롤(クリスマスキャロル)と言います。

でも、2015年以降は、静かなクリスマスになっています。理由は著作権です。デパートやショッピングセンターなど公共の場で流すなら、著作権料を支払わなくてはならないという判決が出たため、クリスマスキャロル(크리스마스캐롤)を流さなくなったからです。なんか寂しい気がします。

そして、どこの店にもクリスマスツリーが飾られ、街のあちこちがイルミネーションでいっぱいになります。ただ、韓国では、25日過ぎても、年内くらいは、クリスマスツリーは、そのまま置いてあるところが多いです。日本のように、クリスマス過ぎたら一斉撤去、ということはありません。


ソウル市中心部の청계천(チョンゲチョン・清溪川)です。

釜山の中心部の通りです。韓国人は3人に1人がクリスチャンです。そんなこともあってか、「クリスマスを祝おう」という気持ちが強いのかもしれません。教会の人たちは、12月になると街のあちこちで募金活動を行います。

教会に通っている人たちは25日には教会に行きます。24日から徹夜の礼拝もあります。

でも、そうでない人にとっては、クリスマスはただの「イベント」ですね。韓国でも、クリスマスには、家族より恋人と過ごす人が多いです。もちろん、恋人と過ごすのは恋人がいる人ですが。その割合は、社会人で18.2%、就職準備生で21.6%です。ですので、恋人と過ごす独身の人は、5人に1人くらいですね。思ったより少ないように思いますが、こんなもんでしょうか? 
恋人がいる人は、恋人同士でプレゼント交換をしたりして過ごし、恋人がいない人は友達同士で集まって、来年こそは恋人と過ごそうと誓ったりします。

そして、韓国ではクリスマス(12月25日)は祝日です。クリスマスは1949年に祝日になりましたが、これはその時の初代大統領이승만(イ・スンマン、李承晩)がクリスチャンだったからとも言われています。そんな韓国人は、日本ではクリスマスが祝日でないと知ると「どうして日本はクリスマスという世界的な記念日に休まないのか」不思議に考えます。世界的と言ってもクリスマスは欧米の習慣で、イスラム教にとってもヒンズー教にとっても仏教にとっても関係ないので、本当の意味では世界的ではないのですが、「どうして日本はクリスマスという世界的な記念日に休まないのか」それが一般的な韓国人の反応です。

そして、子供たちには、もちろん、クリスマスにサンタクロースが来ます。日本と同じです。

目次

韓国のクリスマス

韓国のクリスマスは、韓国はクリスチャンが多いので、その人たちは、募金活動したり、教会に行ったりしますが、それ以外の人にとっては、日本とだいたい同じかな、と思います。

ブログ一覧