Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国の高校に部活動はありません。一日中勉強です。

韓国の暮らし

韓国の高校に部活動はありません。一日中勉強です。

韓国の大学受験は、とても大変です。

どの大学へ行くかで、一生が決まると言っても過言ではないからです。

そのため、韓国の高校生たちは、寝る時間も惜しんで勉強しています。

 

学校では勉強だけです。

ですから、韓国の中学や高校には、日本のような「部活動」がありません。

 

運動をする人は、運動だけ、

音楽やる人は音楽だけです。

運動や音楽で大学に行く人だけが、運動や音楽をやり、

それ以外の人は、皆、勉強だけです。

文武両道はありません。

 

韓国の高校では、だいたい2年生になると「자율학습(自律学習)」が始まります。

 

「자율학습(自律学習)」というのは、学校の授業が始まる前や放課後に、

受験のために自習をすることです。

名前は「자율(自律)」ですが、半強制です。

当番の先生が見回っています。


さぼると担任の先生に怒られるし、家にも連絡が行って、親にも怒られます。

朝の「자율학습(自律学習)」が、午前7時からで、

夜の「자율학습(自律学習)」が、午後4時から午後9時とか10時までです。

晩ご飯は、学校に「학생식당(学生食堂)」があるので、そこで食べます。

 

ちなみに、韓国では小学生も中学生も高校生も「학생(学生)」です。

 

そして「자율학습(自律学習)」が終わると、

「학원(塾・予備校)」へ行ったり、「독서실(読書室・自習室)」へ行って

午前2時ごろまで勉強します。

 

韓国では、小学校や中学校、高校、大学以外の、

塾や予備校、語学学校、ピアノ教室、

みんな「학원(学院)」と言います。

 

「학원(塾・予備校)」や「독서실(読書室・自習室)」には、

送迎用のマイクロバスがあり、

「자율학습(自律学習)」が終わる時間に高校の前に迎えに来て、

帰りは家まで送ってくれます。

 

勉強する高校生も大変ですが、

「학원(塾・予備校)」や「독서실(読書室・自習室)」は値段が高いですから、

親は、もっと大変です。

 

大学に入るために、韓国の高校生は、ほんとに一日中勉強しています。

日本のような「部活動」はありません。

そんな余裕はまったくありません。

 

韓国には、「사당오락(四当五落)」という言葉があります。

「4時間睡眠なら合格、5時間睡眠なら落ちる」という意味です。

寝るときは寝て、すっきりした頭で勉強したほうがいい、とは言いません。

 

でも、本当にみんながちゃんと勉強しているかというと、

実はそうでもありません。

4時間睡眠ではやっぱり眠いですから、朝の「자율학습(自律学習)」では、

机で寝ている人も多いですし、なんとかさぼろうとする人もいます。

 

私も「자율학습(自律学習)」を何度か抜け出してさぼりました。

机をトイレに隠してしまい、当番の先生のチェックを逃れました。

友達には、「勇気ある」とか「すごい」と言われてました。

 

韓国の高校は、みんな男子校、女子高です。

最近は共学が増えているみたいですが、

それでも学校が同じだけで、クラスは男子クラス、女子クラスです。

 

ですから、夜「학원(塾・予備校)」や「독서실(読書室・自習室)」へ行くと、

そこが男女の出会いの場となります。

 

ジュースの自動販売機や、夜食用のカップラーメンがあるのですが、

そこでよく恋が芽生えています。

 

ただ、最近は、夜間の自立学習は辞めたほうがいいのではないか、

という意見も増えていますから、近々、なくなるかもしれません。

目次

韓国の高校に、部活動はありません。一日中勉強です。

韓国の高校では、大学進学を目指す高校生は、ほんとに一日中勉強しています。文武両道はありません。運動する人は運動だけ、勉強する人は勉強だけです。

ブログ一覧