Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//マートへ行ってまとめ買いします。

韓国の暮らし【ショッピング】

マートへ行ってまとめ買いします。

日本の「イーオン」のようなショッピングセンターを韓国では「대형할인마트(大型割引マート)」と言います。大型マートのチェーンは、みっつあります。一番大きい「マート」は、「이마트(イーマート)」です。

「イーマート」は、삼성(サムソン)系列の「신세계백화점(新世界百貨店)」グループです。そして、2番めが「홈플러스(ホームプラス)」

元々はサムソンとイギリスのテスコとの合弁でしたが、今は、サムソンが手を引いて、テスコ(TESCO)の単独になっています。3番目は「롯데마트(ロッテマート)」です。

以前はアメリカの「ウォルマート」やフランスの「カルフール」も韓国に進出しましたが、みな撤退しました。「カルフール」は韓国では「까루프(カルプ)」と言いました。でも、韓国人の志向に合わなかったようです。確かに「ウォルマート」は、なんか「置いてあるだけ」という感じで、ショッピングの楽しさがなかった感じでした。撤退後、店舗は「이마트(イーマート)」に変わりました。

「マート」の「カート」はすべて大型です。買い物かごもありますが、使う人は少ないです。みんないっぱい買うからです。

日本のショッピングセンターは、普通各階ごとにレジがありますね。でも、韓国では、「マート」のレジは各階共通なので、このカートで上の階へ行ったり下の階へ行ったりして、最後にまとめてレジで計算します。ですから、エスカレーターは全てムービングベルトです。

10年くらい前に、子供用の「乗り物型カート」が韓国でも登場しました。日本のまねですね。

「マート」へは、普通「車」で行ってまとめ買いをします。カートに「山盛り」買って行く人も多いです。韓国の「マート」は、とにかく何でもあります。テレビも冷蔵庫もあります。新しい「マート」には映画館が併設されているところもあります。韓国の「マート」は、日本でいうと「スーパー」と「ホームセンター」を合わせたような感じでしょうか?

「マート」へは週末に行く人が多いですが、平日の夜に行く人も多く、夜の遅い時間でもけっこう人がいます。また、韓国には「大型割引マート」と似ている「창고형할인점(倉庫型割引店)」の「コストコ」があります。

「コストコ」はアメリカの会員制のスーパーで、日本にもありますよね。数は多くないですが、ここも人気があります。韓国には、この「コストコ」のまねをした「倉庫型割引店」にイーマートが進出しています。「이마트 트레이더스(EMART TRADERS イーマート トレイダース)」と言います。

なんか落ち着いていて「コストコ」よりきれいじゃないですか? 売上高は、コストコを上回っています。韓国人には、大きくて、新しくて、きれいなところが人気があります。

でも、あまりに「マート」があちこちにできて、買い物客が集まるため、시장(市場・商店街)の人たちから、規制を求める反対運動が何度もありました。そのため、はじめは年中無休、24時間営業でしたが、今は、月に2日の休業日が義務付けられ、深夜営業もなくなりました。

1990年代の後半ごろには、半径5キロくらいに、無料の「ショッピングシャトルバス」を運転して近所に住む主婦たちを集めていましたが、市内バスを運行するバス会社や、시장(市場・商店街)の人たちの反対運動で、これを禁止する法律が作られました。今は、日本のような「ショッピングシャトルバス」はありません。とにかく、韓国のショッピング文化はいつも「マート」からです。時間があったらのぞいてみてください。

目次

買い物は、マートへ行って、まとめ買いします。

韓国では、大きなショッピングセンターを、マートと言います。ソウル市内でも、車でマートへ行って、まとめ買いします。

ブログ一覧