Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//参鶏湯の「参」の意味は?

韓国料理の基礎知識

参鶏湯の「参」の意味は?

日本人にも人気の삼계탕(参鶏湯)、高麗人参などが入っていて体にいいことで知られていますよね。「高麗」人参というのは、中国産とかと区別するためのブランド名で、韓国人は、普通、인삼(人参)とか、ただ、삼(参)と言います。本来は삼(参)の中で、特に古くていいものを인삼(人参)と言ったみたいですが、今は同じように使っています。

삼(参)は、長く育てたものほど、たくさん枝分かれして太くなり、한약(漢薬、 韓薬)としての効能は高くなります。ですから、大きいものほど、高級で、値段が高いです。そして、長く育てると、枝分かれして、人の形みたいになるから인삼(人参)と言います。この인삼(人参)を、蒸して乾燥させたものを홍삼(紅参)と言います。

홍삼(紅参)は、完全に한약(漢薬・韓薬)です。

また、土から抜いたばかりの何も加工していないものは、수삼(水参)と言います。

「人参」は、日本では、野菜のにんじんと同じ発音になりますが、韓国語では別です。にんじんは당근、人参は인삼です。

参鶏湯には、人参が入っていますが、「人参鶏湯」とは言わないで「参鶏湯」と言いますね。それは、韓国人は「人参」を普通「삼(参)」と言うからです。それから、반계탕(半鶏湯)というのがありますが、반계탕(半鶏湯)は、鶏肉を一匹ではなく、半分だけ入れたもので、味などは同じです。ランチの時間などに、鶏一匹では多すぎるので、手軽に食べられるようにしたメニューです。日本語式に言うとハーフ参鶏湯でしょうか? でも、なぜか「반삼계탕(半参鶏湯)」とは言いません。「반계탕(半鶏湯)」のほうが、なんか言いやすいからでしょうね。

目次

参鶏湯の「参」は、人参のこと?

「参」は「高麗人参」のことと言っても間違いではないですが、韓国人は、普通「参」と言います。

ブログ一覧