Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//カルビってどの部位のお肉のことか知っています?

韓国料理の基礎知識

カルビってどの部位のお肉のことか知っています?

日本人も好きな、おいしいカルビ。

よく聞く名前だけど、でも、具体的に、どういう意味か知らない人が多いのではないでしょうか?

カルビ(갈비)というのは「あばら」のことです。あばら骨のあばらです。ですから、人のあばら骨もカルビです。ただ、人の場合は、普通、骨(뼈)をつけて「갈비뼈」と言いますけど。

肉の場合は、牛カルビ(소갈비)と豚カルビ(돼지갈비)があります。日本のスーパーでも牛カルビはカルビと表示してあることがありますね。豚カルビは、「スペアリブ」とか「骨付きばら肉」という表示になってます。この肉に味付け(しょう油、ニンニク、砂糖等々)したものを焼いたのが「カルビ」ですね。

韓国で、カルビというのは、普通骨付きです。別に骨がくっついてなくても、カルビはカルビなんですが、骨がないと、なんか感じが出ないし、ほんとにカルビの肉か信じられないのが韓国人です。安い肉をカルビと偽って、高く売ってるんじゃないかと疑います。だから、アメリカから輸入する時も、わざわざ骨付きで輸入します。骨は捨てちゃうだけなのに…。テレビで「無駄だからやめたほうがいい」と特集されたこともありますが、韓国人は、骨がついてないとだめなんです。

そして、カルビと言えば、タッカルビ(닭갈비)がありますよね。チーズタッカルビでブームになったタッカルビ。

食べたことある人も多いのではないでしょうか。

タッ(닭)は鶏で、カルビ(갈비)は「あばら」なので、文字通りに訳すと、鶏のあばら肉になりますが、この料理の場合、ちょっと違います。鶏肉のあばらでは、鶏がらになってしまい、食べるところがありません。タッカルビ(닭갈비)は鶏肉の炒め料理です。ちょっと高級感を出すために、名前に「カルビ」をつけただけなんです。カルビが高級肉の代名詞のようになったため、タッカルビのように、高級感を出すためだけに使われることもあります。タッカルビは、テーブルの上の鉄板で、ひと口大に切った鶏肉と野菜を炒めた料理で、そんなに辛くないから日本人の口にも合いますよね。

そして、タッカルビと言えば、春川(チュンチョン、춘천)が有名です。春川は「冬のソナタ」の撮影地として有名になったところです。ここに、別名タッカルビ通りという路地があります。狭い路地の両側が全部タッカルビの店です。元祖の店だらけです。元祖ってひとつじゃないの? って思うかもしれませんが、みんな元祖です。こちらも見てみてください。
https://ameblo.jp/hanguruchan/entry-11474034699.html

目次

カルビはどの部位の肉のことか知っていますか?

よく聞くカルビ、知っていそうで知らない、正確な意味を説明します。

ブログ一覧