Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】サムギョプサルって何?

韓国料理の基礎知識

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】サムギョプサルって何?

サムギョプサル(삼겹살)というのは、ご存じだと思いますが豚のばら肉(お腹の部分)のことです。三枚肉ともいいますね。삼겹살は、삼-みっつ、겹-重なる 살-肉 で、三枚肉です。店によっては「三段バラ肉」なんて書いてあるところもありますけど…。つまり、サムギョプサルというのは「豚ばらの鉄板焼き、サンチュ包み」といったところでしょうか。

ですので、「サムギョブサル」は、普通は家で食べます。学生さんは、サムギョプサルは、安いので、外でもよく食べていますが、一般的には、外でお肉を食べるなら、カルビとか、その店の味付けのある物を頼みます。

また、新大久保では、あちこちに「サムギョプサルは低カロリーのダイエット食品!」とか「サムギョプサルは低コレステロール!」とか「サムギョプサルは今流行のマッコリ(막걸리)に相性ぴったり!」とかいろいろなことが書いてありますが、これは韓国人から見たらびっくりです。

韓国ではサムギョプサルをダイエット食品と考えている人はいません。サムギョプサルはただの豚バラ肉です。カロリーは低くありません。もちろん、特別高くもないですが。思ったよりコレステロールが低いのは事実ですが、これも特に低いわけではありません。またサムギョプサルに一番合うお酒は韓国の焼酎(소주・ソジュ)です。韓国人100人に聞いたら100人が焼酎(소주・ソジュ)と答えます。サムギョプサルにマッコリ(막걸리)を飲んだら、変な顔されますよ。

サムギョプサルというのは、焼いた豚バラ肉に、쌈장(ごま油+コチュジャン+みそ)をつけて、それをサンチュ(상추)に巻いて、にんにく(마늘)やねぎ(파)とかといっしょに食べますから、栄養のバランスはいいですよね。

特に、ごまやにんにくの栄養素は、今、日本でも注目されていますね。コラーゲンが多いのは本当です。そして、なにより安くて栄養満点の元気パワーがサムギョプサルの良さなんです。

 

単語のおさらい


삼겹살 サムギョプサル、豚のバラ肉
막걸리 マッコリ
소주〔焼酎〕ソジュ
쌈장 ごま油+コチュジャン+みそ
상추 サンチュ
마늘 にんにく
파 ネギ

漢字語は〔 〕に漢字を示しています。

 

カルビってどの部位のお肉か知っていますか?

目次

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】サムギョプサルは、豚のバラ肉です。

日本人の大好きなサムギョプサルですが、韓国人は、わざわざ外食して食べません。外食するなら、その店の味付けのあるカルビとかを食べます。ですので、韓国人には、新大久保のサムギョプサル人気はちょっとびっくりです。また、韓国ではサムギョプサルをダイエット食品と考えている人はいません。サムギョプサルはただの豚バラ肉ですから、カロリーは低くありません。もちろん、特別高くもないですが。思ったよりコレステロールが低いのは事実ですが、これも特に低いわけではありません。
簡単に言うと、サムギョプサルというのは、焼いた豚バラ肉に、쌈장(ごま油+コチュジャン+みそ)をつけて、それをサンチュに巻いて、にんにくやねぎとかといっしょに食べるものです。ですから、栄養のバランスはいいですよね。

ブログ一覧