Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//韓国語講座2                      子音① 平音

韓国語講座

韓国語講座2                      子音① 平音

今回から、子音です。

子音には、日本語でも、清音と濁音、2種類があるように、
韓国語にも子音には、平音、激音、濃音と3種類があります。

そのうち、まず、基本の子音である平音を学習します。
平音は9つです。

「ㄱ」「ㄴ」「ㄷ」「ㄹ」「ㅁ」「ㅂ」「ㅅ」「ㅇ」「ㅈ」
アルファベットで表記すると
「G」「N」「D」「L」「M」「B」「S」「なし」「J」となります。

「ㄱ」「ㄴ」「ㄷ」「ㄹ」「ㅁ」「ㅂ」「ㅅ」「ㅇ」「ㅈ」も
やはり、これだけだと、ただの記号で、文字ではないので、母音をつけなければなりません。

母音はいろいろありますが、「ㅏ」をつけてみると
「가」「나」「다」「라」「마」「바」「사」「아」「자」となります。
この順番も、もちろん重要です。このまま覚えてください。

「가」は、日本語の「ガ」とほぼ同じと考えていいです。
「나」は、日本語の「ナ」とほぼ同じと考えていいです。
「다」は、日本語の「ダ」とほぼ同じと考えていいです。
「라」は、日本語の「ラ」より、舌を歯茎の付け根につけます。「ラ」より「L」に近い音になります。
「마」は、日本語の「マ」とほぼ同じと考えていいです。
「바」は、日本語の「バ」とほぼ同じと考えていいです。
「사」は、日本語の「サ」とほぼ同じと考えていいです。
「아」は、日本語の「ア」とほぼ同じと考えていいです。
「자」は、日本語の「ジャ」とほぼ同じと考えていいです。

つまり、「라」以外は、日本語の発音とほぼ同じと考えて良く、
「라」だけは、舌の位置を日本語の「ラリルレロ」より、前にして、
舌を歯と歯茎の境目くらいにつけるようにしてください。

また、「ㄱ」は、基本母音をつけると、それぞれ
「가」「갸」「거」「겨」「고」「교」「구」「규」「그」「기」となります。
縦長母音では左に、口すぼめ母音と横長母音では上に書きます。
「ㄱ」の形が微妙に変わっていますね。形のバランスを考えてそうなっています。
同じように「ㄴ」「ㄷ」「ㄹ」「ㅁ」「ㅂ」「ㅅ」「ㅎ」も、それぞれ母音をつけて文字にします。
これを表にしたものが「音節表」です。


では、単語で練習してみましょう
「가구(家具)」「고기(肉)」「누나(弟からみて姉)」「바보(バカ・アホ)」

「아버지(お父さん)」「어머니(お母さん)」「너구리(たぬき)」「나비(蝶)」

「머리(頭)」「주머니(ポケット)」「두부(豆腐)」「비(雨)」「바다(海)」「바지(ズボン)」

「다리(脚・橋)」「지도(地図)」「소주(焼酎)」「사자(獅子・ライオン)」

「가로수 (街路樹)」「요리(料理)」「나라(国)」「우리(私たち)」

読めましたか?
近いうちに、動画を準備します。少々お待ち下さい。

ここまで、「가」は、日本語の「ガ」とだいたい同じと説明しましたが、
「가구(家具)」は、「ガグ」よりも「カグ」に近い音で聞こえるはずです。
同じように「바보(バカ・アホ)」は、「バボ」ではなく「パボ」に近い音に聞こえると思います。
実際、「가」「다」「바」「자」は、語頭(単語の一番はじめ)に来る時は、
清音と濁音の中間、「가」なら「カ」と「ガ」の中間くらいの音になります。
それは、韓国人が、「カ」と「ガ」を区別しないからです。
日本語にある、清音と濁音の区別がありません。
日本人が「金閣寺」と言っても「銀閣寺」と言っても、韓国人には同じに聞こえます。

韓国人は、特に区別せず、発音しやすいほうで発音しています。
そのため、語頭では清音に近くなり、語中では濁音になります。
テキストによっては、「語頭は清音」「語中は濁音」と書いてあるものもありますが、
わざわざ区別しているわけではありません。
語頭の音を、清音濁音、どちらで発音しても、韓国人には同じに聞こえるので、
どちらで発音すべきかは、あまり気にする必要がありませんが、
どちらでもいいでは困る、という人は、語頭は清音、語中は濁音で発音してください。

目次

ハングル講座 子音 平音編

韓国語がまったくはじめての人を対象とした韓国語講座、ハングル入門です。ここでは、子音のうちの、平音を学習します。

ブログ一覧