Column コラム

Column

HOME//コラム//韓国語の「いろいろ」の使い方を丁寧に解説!

初級文法総整理

韓国語の「いろいろ」の使い方を丁寧に解説!

投稿日:2023年4月21日 | 最終更新日:2023年11月4日

ここでは韓国語の「いろいろ」について解説します。辞書でひくと「여러 가지」と出るので〔いろいろ=여러 가지〕と思っている方が多いですが、「여러」が「いろいろ」、「가지」が「種類」です。つなげて「여러 가지」が「いろいろな種類」となり、日本語の「いろいろ」という意味になります。

目次 ▼

여러 が「 いろいろ」

辞書には〔いろいろ = 여러 가지〕と出ていますが、여러 が「 いろいろ」です。

여러 のあとに名詞が来ます。

文法的には「この/その/あの」や「大きな/小さな」と同じ連体詞です。名詞を修飾します。

가지が「種類」で여러 가지が「いろいろな種類」

「いろいろな種類」で「いろいろ」です。

同様に、
여러 나라 いろいろな国
 ※ 나라 国
여러 사람 いろいろな人
여러 면 いろいろな面
 ※ 면 面
여러 곳 いろいろな所
 ※ 곳 所
여러분 いろいろな方 ⇒ みなさん
 ※ 분 方(かた)
 ※여러분はひとつの名詞になっています。
「여러 가지 나라」「여러 가지 사람」としないようにしましょう。日本語と少し違います。

※ 韓国語の『発音』『文法』総整理

韓国語の『発音』『文法』を、わかりやすく解説しています。
今まで学習した中で、よくわからないところ、不安のあるところは、こちらの徹底解説と例文で、しっかりと整理しておいてください。
韓国語のまとめ「文字・発音」編
韓国語のまとめ「文法」編

☆ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
ハングルちゃんは
① リーズナブルな料金システム
② 講師は全員韓国生まれ韓国育ちの優しい韓国人
③「話せるように」を目標とした会話中心のレッスン
④ 防音設備の整った清潔な教室
オンラインレッスンも可能です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。