Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】韓国ではイシモチの干物をよく食べます。

韓国の暮らし(1)【食事・食べ物】

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】韓国ではイシモチの干物をよく食べます。

韓国人は、イシモチの干物(굴비・クルビ)をよく食べます。おいしいこともありますが、体にいいというのも理由です。また、保存食なので、冷凍庫に入れておいて、食べたいときに焼けばすぐ食べられるので、それも人気の理由だと思います。イシモチの干物(굴비・クルビ)の中でも、靈光クルビ(영광굴비)が一番です。秋夕(お盆)や旧正月の贈り物用の高い物は、20匹のセットが、100万ウォンとか200万ウォンとかします。
靈光クルビ(영광굴비)の靈光(영광)は地名です。全羅南道(전라남도)靈光郡(영광군)法聖浦(법성포)という所です。

西海岸の下のほうです。

町の入口のロータリーには、大きなイシモチの干物(굴비)があります。
町に入ると、イシモチの干物(굴비)だらけです。


建物の中で、塩に漬ける作業をしているところも多いです。



イシモチの干物(굴비)の店が100軒くらいあります。圧倒されます。



太刀魚を干しているところもありました。

港(항구)は小さいです。靈光クルビ(영광굴비)と言っても、ここで捕れた物とは限りません。他で捕れた物でも、靈光(영광)で加工すれば、靈光クルビ(영광굴비)になります。どうして靈光(영광)で加工するかと言うと、靈光(영광)にはハエ(파리)がいないからだそうです。でも、魚の加工なんて、どこでやっても外見では区別がつきません。この町でも、以前、偽物(가짜)が出たことがあったそうです。そのため、ブランド管理を徹底しているようでした。

大きさによって値段(가격)が違います。
ソウルなどでも、トラックに靈光クルビ(영광굴비)を載せて売りに来ることがあります。ここで買うより、5000ウォンから1万ウォンくらい高いです。

イシモチの干物(굴비)は、日本にもありそうですが、全然見かけません。日本人の口にも合う(입맛에 맞다)と思うのですが、どうしてでしょうか?

 

単語のおさらい


굴비 イシモチの干物
항구〔港口〕港
파리 ハエ
가짜〔假-〕偽物
가격〔価格〕値段
입맛에 맞다 口に合う
맛 味
맞다 合う

漢字語は〔 〕に漢字を示しています。

 

韓国でふぐと言えば馬山(マサン)です。

目次

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】韓国ではイシモチの干物をよく食べます。

韓国人は、굴비(クルビ・イシモチの干物)をよく食べます。おいしいこともありますが、体にいいというのも理由です。また、保存食なので、冷凍庫に入れておいて、食べたいときに焼けばすぐ食べられるので、それも人気の理由だと思います。굴비(イシモチの干物)の中でも、영광굴비(靈光クルビ・靈光イシモチ)が一番です。秋夕(お盆)や旧正月の贈り物用の高い物は、20匹のセットが、100万ウォンとか200万ウォンとかします。

ブログ一覧