Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】羊肉のお店も多いです。

韓国の暮らし(1)【食事・食べ物】

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】羊肉のお店も多いです。

韓国では、2016年ころから、羊肉(양고기)の専門店(전문점)が急に増えました。それまでは、韓国で羊肉を食べる習慣はありませんでした。日本でも、羊肉は、北海道のジンギスカン以外は、あまり食べませんよね。臭い(냄새)もきついですし。
韓国の羊肉のお店は、中国人や、中国から来た中国朝鮮人がはじめたところが多いです。中国では、イスラムの人たちも多くて、屋台でも、たくさん羊肉のお店がありますが、それが韓国に入りました。

ですので、中国式というか、イスラム式というか、羊肉というと羊肉の串刺し(양꼬치)の店が多いです。

元々が中国式なので、羊肉(양고기)には、青島(칭따오)ビールが似合います。


骨付きのほうが、なんとなく羊肉っぽいんですが、ジンギスカンぽいのもあります。


おしゃれなチェーン店もどんどんできました。

それだけ羊肉が流行った理由は、珍しさもありますが、体にいいという理由もあります。

カルシュウムやビタミンが豊富なため、男性にとっては精力強化、女性にとっては皮膚美容に効果的だそうです。また、羊肉には、体を温める効果があり、また、カロリーが低いため、ダイエットにも最適で、更には、ビタミンB1がストレス解消(스트레스해소)や鉄分やカルシュウムが貧血予防にと、とっても身体にいいそうです。
新大久保にも羊肉のお店が何軒かあります。韓国料理で、なぜ羊肉なのか、その辺の事情を知って、楽しんでいただければと思います。

 

単語のおさらい


양고기〔羊-〕羊肉
전문점〔専門店〕
냄새 臭い、匂い
꼬치 串
스트레스 ストレス
해소〔解消〕

漢字語は〔 〕に漢字を示しています。

 

焼肉文化の歴史が違います。

目次

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】羊肉のお店も多いです。

韓国では、2016年ころから、양고기(羊肉)の専門店が急に増えました。それまでは、韓国で羊肉を食べる習慣はありませんでした。日本でも、北海道のジンギスカン以外は、あまり食べませんよね。臭いもきついですし。韓国の羊肉のお店は、中国人や中国から来た中国朝鮮人がはじめたところが多いです。中国では、イスラムの人たちも多くて、屋台でも、たくさん羊肉のお店がありますが、それが韓国に入りました。

ブログ一覧