Column コラム

Column

HOME//コラム//韓国で冬の前にキムチをまとめて漬ける「キムジャン」について

韓国の暮らし 5【行事・イベント】

韓国で冬の前にキムチをまとめて漬ける「キムジャン」について

投稿日:2022年11月24日 | 最終更新日:2024年2月11日

韓国では、本格的に冬が来る前に、その冬に食べるキムチを漬ける習慣があります。キムジャンと言います。キムジャンは量が多く、一人でやるのは大変なので、昔から家族や親せき、あるいは近所の人が集まってキムジャンをしました。
ここでは、そんなキムジャンの習慣について、詳しくご紹介します。

目次 ▼

1 韓国ではキムチをまとめて漬ける時期がある

寒くなって、本格的に冬に入る前の11月下旬から12月頃が、冬の間に食べるキムチをまとめて漬ける時期です。

キムジャン(김장)と言う

なぜキムジャンが秋の終わりから冬のはじめ頃かというと、おいしく漬けるには時期があるからです。

気温が暖かいとキムチが早く発酵して腐ってしまう

気温が0度以下になると白菜などの材料が凍ってしまう

おいしく漬けることができません。だいたい、一日の平均気温が4度以下で最低気温が0度以下の日が、キムジャンに一番いいと言われています。

昨年はソウルで11月終わり頃、釜山では1月はじめ頃

昨年のキムジャン前線です。

釜山はついに年明けになりました。5年くらい前にはクリスマス頃でしたが、年々遅くなっています。地球温暖化の影響ですね。

キムジャンの時期の韓国は白菜やにんにくが大量に売られている

市場に行くと白菜やにんにくが山ほど積まれていますし、トラック山盛りで住宅街に売りに来ます。

2 家族や親戚の人と何人かでいっしょにやることが多い

大量のキムチを1人で全部漬けるは大変です。

最近は核家族となり、共働きが増え、キムジャンをしない人たちが急速に増えている

ある調査では、2017年にキムジャンをしない家庭が過半数を超えたそうです。

キムジャンをあきらめる人たちを「キムポジョク(김포족)」と呼ぶ

そんな新造語も生まれました。

キムジャンをする人の中でも半数近くが少量のみを行う

必要量をその時その時に漬けています。共働きで働いていたら、そもそもキムジャンの時間も体力もないですよね。それに核家族で家族の数が少なかったら、大量に漬ける必要もないですし。
私の母も、必要な時、必要なだけ、その時その時漬けて、今ではキムジャンはしていません。母の話では、キムジャンの時には白菜の値段も上がるし、まとめて漬けるのは大変だし、まとめて漬けると少しずつ味が落ちるからだそうです。

今の若い母親たちは、私の知る限り、全くキムジャンをしていない

ほとんどが買って食べるか、自分の母親が漬けた物をもらってきています。

以前は「キムジャンなさいましたか?(김장 하셨나요?)」というのが、主婦たちの今頃の挨拶だった

このような光景も、地方に行かないと見られない「文化遺産的風景」になりつつあります。

以前はチャンドク(장독)という甕に入れてキムチを保管した

今では、皆、キムチ冷蔵庫です。

3 最近の若い人たちは、そもそもキムチを漬けたことがない

「キムチ工場に行って用意された材料を自分で漬ける」そんな気楽なキムジャンが人気

楽しいキムジャンツアー

時代が変わりました。

※ 韓国語を楽しく学んでみませんか?

楽しく韓国語を学ぶなら新大久保の韓国語教室ハングルちゃんにお任せください。
ハングルちゃんは
① リーズナブルな料金システム
② 講師は全員韓国生まれ韓国育ちの優しい韓国人
③「話せるように」を目標とした会話中心のレッスン
④ 防音設備の整った清潔な教室
オンラインレッスンも可能です。

コラム一覧

監修者

監修者の写真

<出身大学>

新丘大学家庭教育学部

<略歴>

ソウル出身。韓国語教育が専門分野。2006年に来日し、2011年より韓国語教室ハングルちゃんの共同経営者兼主任講師。 生徒たちが積極的に参加しやすい雰囲気を作り、能力を最大限に引き出す指導スタイルが評判。

監修者の写真

内田 昌弘 (うちだ まさひろ)

韓国語教室ハングルちゃん代表

<資格>

通訳案内士韓国語(国家資格)
日本語教育能力検定
高等学校と中学校教員1種免許状(数学)

<出身大学>

京都大学農学部卒業

<略歴>

東京生まれ千葉県育ち。韓国在住(歴)15年、1996年から2006年までの11年間は、韓国最大規模の語学学校(YBM学院)にて日本語部門の教授部長。2011年6月に韓国語教室ハングルちゃんをスタート。