Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】フィリピンにたくさん語学留学します。

韓国の暮らし(14)【教育・学校・受験】

【韓国文化を学びながら単語を覚えよう】フィリピンにたくさん語学留学します。

皆さんは、フィリピンというと、どんなイメージがありますか?

日本人には治安(치안)の悪いイメージが強いみたいですね。韓国人は、ビーチリゾートでも語学研修(어학연수)でも、たくさんの人がフィリピンに行きます。

ビーチリゾートはセブとかボラカイで、語学研修ならマニラかセブです。

確かに、フィリピンには治安のよくないエリアもありますが、セブやボラカイは、そのエリアにいる限り安全です(안전하다)し、マニラでも、お金持ちのエリアの治安体制は万全です。お金持ちがたくさん住んでいるエリアは、広いエリアがフェンスで囲まれ、入口には検問もあります。

そして、そんなエリアに韓国人はたくさん住んでいます。フィリピン在住の韓国人は10万人弱います。日本人は1万7千人弱ですから、韓国人が圧倒的に多いです。そして、語学留学に行く人も、旅行で行く人も、日本人はほとんどいなくて、韓国人だらけです。

フィリピンに英語の勉強をしに行く理由は、やはりお金です。アメリカやイギリスなどは物価(물가)も高いし、語学学校も、たいていは10人以上のグループレッスンです。しかし、フィリピンなら午前中はグループレッスン、午後は個人レッスン、寮があって食事もあって、ひとり部屋が月々200万ウォンくらいです。(フィリピンも、この10年で、随分高くなりました)

フィリピンで、スパルタ式に3か月とか6か月間、집중적(集中的)に勉強します。アメリカやカナダへ語学留学に行く前に、フィリピンで3か月という人も多いです。

また、最近は、夏休みのジュニアキャンプも人気があります。

小学3年生から中学生3年生の子供たちが、1か月間、缶詰になって、集中的に英語の勉強をします。基本のスケジュールは、午前中はマンツーマン、午後は4人程度のグループ、夜も補助の先生の元で自習をしたりスピーチの準備をしたりします。とにかく1日中英語漬けです。費用は飛行機代から食費から全て込みで300万ウォンから350万ウォンくらいです。

また、お母さんと子供だけをフィリピンに送る家族もいます。理由は、カナダやオーストラリアより、ずっと安く滞在できるからです。フィリピンの学校は基本、全て英語ですから、アメリカやイギリスよりも安く安全に英語をマスターさせられます。

そんな家族は、だいたいマニラ首都圏のケソン(Quezon)とか、お金持ちエリアであるマカティ(Makati)に住みます。家は広くてプールがあってお手伝いさん(가정부)もいる家です。とにかく物価が安いので、お手伝いさんを雇って子供だけをフィリピンに送る家族もあります。

新大久保で働いている人の中でも、奥さんと子供はフィリピンという人がいます。フィリピンなら、日本から気軽に行ったり来たりできる、というのも、フィリピンを選んだ理由だそうです。自分は日本に住んでも、子供には英語の教育を受けさせる、そんな日本在住韓国人も増えています。

 

単語のおさらい


치안〔治安〕
어학연수〔語学研修〕
안전〔安全〕하다  安全だ
물가〔物価〕
집중적〔集中的〕  집중적으로 集中的に
가정부〔家政婦〕お手伝いさん

漢字語は〔 〕に漢字を示しています。いっしょに覚えましょう。

 

韓国で大学に行けず、日本の大学を目指す人もいます。

目次

  • ○  

ブログ一覧