Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//第12課 すみませんが、日本語に訳してください。  【文法事項】

韓国語講座

第12課 すみませんが、日本語に訳してください。  【文法事項】

 

この課では、日本語の「~てください」に当たる表現を学習します。

 

日本語では、「動詞+ください」の動詞は、「~て」の形で表しています。

「~てください」には、実は、いろいろな使い方があります。

形はひとつですが、大きく4つの意味があります。

それが、韓国語では、使い方・意味によって、ふたつの表現に分かれます。

そのため、日本語の「~てください」が、どんな使い方をしているのか、

どんな意味なのかを、正確に知る必要があります。

まずは、日本語の使い方・意味を見ていきましょう。

 

☆「~てください」の使い方


1 聞き手にお願いをする[話し手に恩恵がある]

例) すみませんが、写真を撮ってください。

私と結婚してください。

 

話し手に対して、聞き手が特別に何かをします。

話し手に恩恵があります。

 

2 聞き手に注意を促す[話し手に恩恵はない]

例) 滑りますので、気をつけてください。

 

「ください」をつけなくても、注意を促す表現になりますが、

「ください」をつけることで、話し手の優しさや思いやりの気持ちを伝えています。

 

3 聞き手に指示をする[話し手に恩恵はない]

例) 前を見てください。

ノートに書いてください。

 

「ください」をつけなくても、指示の表現になりますが、

「ください」をつけることで、話し手の優しさや思いやりの気持ちを伝えています。

 

4 応援[話し手に恩恵はない]

例) がんばってください。

絶対、勝ってください。

 

「ください」をつけなくても、応援の表現になりますが、

「ください」をつけることで、話し手の優しさや思いやりの気持ちを伝えています

 

「~てください」の使い方・意味は、大きく4つあります。

このうち、1番は、話し手に何かを特別にしてもらうという、

話し手に恩恵がある表現ですが、

2番、3番、4番は、話し手には恩恵はありません。

「ください」は、聞き手に対する思いやりの気持ちで使っています。

 

韓国語では、話し手に恩恵があるかないかで表現が違います。

1番 ⇒    아/어 주세요

2、3、4番 ⇒    (으)세요

となります。

 

 

では、韓国語の表現を見ていきましょう。

 

1番 ⇒    아/어 주세요


아/어は、【요】体の現在肯定形から요を取った形です。

例)  「行きます」 가요 ⇒   가

「見ます」 봐요 ⇒   봐

「飲みます」 마셔요 ⇒   마셔

「食べます」 먹어요 ⇒   먹어

 

아/어 の形に、주세요 をつけます。

例えば、「来てください」なら、

「来る」 와요 ⇒   와  + 주세요

⇒  와 주세요 「来てください」

 

「電話してください」なら

「電話する」 전화하다 ⇒ 전화해  + 주세요

⇒ 전화해 주세요 「電話してください」

となります。

 

2番、3番、4番 ⇒    (으)세요


動詞の語幹 +  (으)세요

語幹にパッチムがない時 세요 をつけ、

パッチムがある時 으세요 をつける。

 

例) 「見る」 보다 ⇒ 보 + 세요 ⇒ 보세요 「見てください」

「着る」 입다 ⇒ 입 + 으세요 ⇒ 입으세요 「着てください」

「座る」 앉다 ⇒ 앉 + 으세요 ⇒ 앉으세요 「座ってください」

 

※ 語幹が ㄹ(L) パッチムの時、ㄹ(L)  が脱落する。

パッチムが脱落するので、「パッチムなし」になる。

例) 「作る」만들다 ⇒ 만드 + 세요 ⇒ 만드세요 「作ってください」

 

☆ 「さようなら」の表現、안녕히 가세요、안녕히 계세요 も

「~てください」の形です。

가세요 は、가다 の 가 + 세요 です。

直訳すると「行ってください」となりますが、

聞き手に思いやりの気持ちを込めた表現です。

 

계세요 のほうは、敬語の表現ですので、

敬語のところで、改めて学習します。

 

※ ポイント


まず、日本語の「~てください」が、誰に対して恩恵のある「~てください」なのか、

そこを、はっきり区別できるようにしなければなりません。

ここが、「~てください」のポイントなのですが、

話し手のために何かをお願いする「~てください」は、

実際の場面では、「~てくださいませんか」とか「~ていただけませんでしょうか」のように、

更に丁寧な表現を使うのが普通です。

例えば、見ず知らずの人に、いきなり「写真を撮ってください」とは言いません。

専属の写真屋さんになら、「こっちも写真撮ってください」と言えますけど。

そうでなければ、なかなか、自分のためにしてくださいという「~てください」は使いにくいです。

誰に恩恵のある「~てください」なのかを考える時、「~ていただけませんか」のような表現に

置き換えて考えてみるのもひとつの方法です。

話し手に恩恵のある「~てください」であれば、置き換えても自然な表現ですが、

そうでない場合、置き換えると、違和感のある感じになります。

 

ブログ一覧